Amazonでもなくメルカリでもなく。

こんばんは!井上直哉です。

最近ハマっているものがあります。

再生回数2000回突破間近。

Amazonが規制ラッシュ、メルカリも凍結祭り・・
こうなってくると嫌でも他のプラットフォームが気になる。
なんか、、タイミング良すぎじゃね?って話です。

熱いぞBUYMA!!この動画はマジで何回も観ました。
50分強のボリュームだけど、通しで。

なんていうか・・夢があるよね~
(さすがに10回は言い過ぎかもだけどw)

「薄利多売じゃない物販」
これに何も感じない人っていないと思います。
みんなここを目指しているんだから。

せっかくの機会、これはぜひ聞きに行きましょう。
いま激アツなのはこれ

 

いや、本当に価値のある1日になると思います。
すでに全国から参加を決めている人が多数。

こういうオイシイ情報、本来はメルマガだけで良いところなのですが・・
まだ弱い(笑)このブログを読んでくださる方はぜひ!と思いました。

こういうチャンスって、いきなり出てきて一瞬で消えていくのでね。
今週末2/19で募集は終了になりますが、ぜひぜひ。

 

上記のページを見ていただくとわかりやすいと思います。
このセミナー、参加の特典が異常w

参加費がこの価格でやりすぎだろうーーー
今後、別のセミナーを考えるときの基準が変わってしまいますね。
(他のヤツになかなか行けなくなりそうだ・・)

無料で100人でも難しいこのご時世に、
即日で100人オーバーしてます。
この注目度は僕があえて説明するまでもない。
本物の3人による最新の思考を盗みに行きましょう。

ライバルと差をつけるのは価格だけじゃない。
来たる3月4日、僕らが持っている物販の常識が変わると思います。

インフォトップの特典を二度買いする方法。

こんばんは!井上直哉です。
インフォトップで同じ商品をもう一度買いたいことって経験あります?
どうしても特典が欲しくて、というのは珍しくないと思うのですが・・
実際に買ってしまうこともあるんですね。先ほど経験しました 笑

ちなみに、BEC中俣さんの素敵な動画はこちら
(二度買いする方法という絶妙な着眼点!w)

今回僕が二度買いしてしまったのは「情報発信バイブル」という教材。
三浦さんが作成した、本物のバイブルですね。
この教材を購入してから3か月で167万円の収入を得られたので
発信していて未購入の方は特に、ぜひ学んでください。

で、今回この教材を販売していたのがBEC2期グランプリに輝いた加藤さん。
さすがというか何というか・・普通に欲しくなってしまいましたw

特典も欲しいし、特典の配布する流れも勉強したいし、
デキる人から学ばないと先はない。すなわち購入を迷う理由もないっす。
明らかに自分の人生で一番、いまが勉強したがってます 笑

 

それはちょっと置いておいて、ここで大事だと思うのが
「仲間内だから付き合いで」とかそんな気持ちなら買わない方が良いと思ってます。

仲間だから特典ちょーだい!ってのは論外。
制作者にも販売者にも失礼だし、そういう思考ではまず稼げませんから。

お金を払って、そのぶんしっかり学んで形にするのが大切。
加藤さんさすがだなー!と思わされるのが一発目で来ましたからね。

僕はケチくさいので教えませんが、特典申請フォームへの質問に対して
超絶丁寧な返信をくださいました。(結局言ってる!w)
きっと、というか確実に、これを全員にやってるんだと思います。

三浦さんが常々言っている「想像を超えるサービスを」が
こんなに早く味わえるとはグランプリ恐るべし。

こういう素晴らしい面を僕が真似ることが出来れば・・むふふ
29,800円の投資は軽く回収するでしょう。

学んだつもりじゃなく、今後の活動でしっかり回収していきますよ。

 

そしてやっぱり、この教材を販売する人はみんな渾身の特典を付ける。
ひとえに制作者と教材が魅力的だからですよね。
二度買い三度買いが頻発するのも納得。

「二度買い」って普通聞かないですけどね 笑

よしっ、せっかく買った教材、、しっかり学んでいくぞ!!

暗い奴は稼げない!

こんばんは!井上直哉です。

BECのチャットは相変わらず活発に動いておりまして、、

それぞれの属性ごとにグループチャットもあるのですが
この過去ログを読んでいるだけでも超勉強になります。

それぞれのプロが集まっているコミュニティって本当に素晴らしい。

そんななか、今日は気になったひと言をご紹介します!

 

「暗い奴は稼げない」

三浦さんの投稿の一部なんですけどね。
これをみたとき、なるほどと思いました。

ネットビジネスを始めるきっかけは、稼ぐため。
当然、理由としてはこのようなモノが多いのですが
意外と聞くのが「誰とも関わらなくて良いから」。

確かに会社勤務のような人間関係のしがらみもなければ
誰かに気を遣うこともなくできるのは魅力ですよね。
自分が始めたときにも、バレないというのは一つのポイントだったので
客観的にみて納得する反面、疑問も感じています。

 

というのも、この業界、ネットを通してはいますが
結局のところ人と人で成り立っている部分がすごく大きいです。
ここを勘違いしてしまうと本当にもったいない。

流れが早いネットビジネスにおいて情報勝負という側面があり、
本当に質の高い情報というのは人を通じてしか入ってきません。

加えて、自分のモチベーションを上げてくれるのも結局は、人。
1人でコツコツというのも悪くないけど・・
大きく成功している人ほど繋がりを大切にしていると感じます。

そうなったときに、「暗い」はマイナスでしかない。
マジで気を付けようと思いました。

 

「特に物販に多い!」というのも本当にその通りだと思う。
転売屋はこそこそと隠れているような人が多いですからね。
店舗でリサーチしているときの姿に負のオーラが見える人も多い 笑

稼ぐことは大切だけど、そのうえで自分がイキイキしていないと
人として魅力的じゃないので。
ただ作業しているだけの能面にはならないように取り組んでいきたいと思います。

稼いでいるから明るいんじゃなくて、
明るいから稼ぐ!

こういうのって意外と気付かないうちにハマっているし、
本当に意識1つの問題なので。

堂々と、明るく、この仕事に取り組んでいきたいと思います!

気分転換を勘違いしない。

こんばんは、井上直哉です。

BECにはプレミアムコースというのがあるのですが、
僕は今回そこに参加することができました。

 

で、早速出された課題がマジで高度。
ここ数日そのことばかり考え過ぎて頭がラジオになりそうです。

あ・・課題が「AMラジオの売上をあげるためには」なのでね。
マジで頭がラジオになりそうです。(大事なので2回目)

提出が1月31日23時59分まで、ということなので、頑張ります!

 

いや、ブログ書いてるヒマあったらやれよ。
そう思われるかもしれませんが、、実はこれも一種の気分転換です。

「気分転換を上手くしながら取り組みましょう!」
こういうセリフはよく聞くけれど、果たして気分転換とはなんぞや?
テレビを観ることですか?マンガを読むことですか?

否、いまやっていることと別の仕事をすることだと学びました。

数学を勉強して行き詰まったら国語をやる感じですね。
オリエンタルラジオの中田さんが以前そう話していました。

もっとも、僕がこの気分転換を知ったのは三浦さんのコンテンツでしたが 笑

 

仕事の気分転換に仕事って!意識高い系かよ!

そんな風に感じる人も多いと思うのですが、これが意外とイケます。
仕事が楽しいからというのも当然ありますけどね。

アパレル勤務のときも接客、畳み、品出しがバランスよくできてるときは
仕事が上手く行っていた気がする。

どれか1つだけをずっとやっていると、ひずみが生じます。
接客だけやっていれば売上も立つし楽しいけど、
畳みと品出しもやらないと結局サイズを把握できていなかったり。

そのときは「気分転換」という概念は持ってなかったけど、
いまなら少しそういう意味合いも持てる気がします。

 

で、この際に1点オススメなのが、
「気分転換のときの仕事は終わりが見えるものにする」
ということです。

ブログを書く、出品を1箱片付ける、など。
もしくは時間を決めることですね。

気分転換にリサーチを始めちゃったものの
そこにのめり込んじゃったら、リサーチなんて一生続くんで。

その辺りはしっかり管理してやっていきましょう!
ということで、その気分転換も一旦ここで終わり。

課題頑張りまっせ!

 

PS

課題の企画書作成はそれなりに進めているつもりだったのですが
一昨日、拝見した三浦さんの昔の企画書が弩級すぎて。。

概念ごとぶっ壊されたので練り直しです。

一流はスゲエ!

では、頑張ります!!

あなたの名言を教えてください。

こんばんは!井上直哉です。

1月21日にBEC3期第一回目の勉強会が終わったわけですが
1週間を待たずして動画が上がってきました。

(亀川さんスゲエ!ありがとうございます!)

 

で、三浦さんのパートの中に自分をつくった名言集というものがあり。

動画コンテンツと共に、

「あなたの名言を教えてください」

というお題が与えられました。

 

自分をつくった名言、、考えてみると色々ある。

BECチャットには幼いころ父親に言われた

「他人(ひと)のせいにするな」
という言葉を投稿したのですが、

やっぱり直近でいうと三浦さんに言われた

「直哉にしか救えねえヤツがいる」

かなーと。

 

これはマジで心の支えとして持ってます。

情報発信ということに取り組んでいくうえで、
これほど自分を支えてくれるものがあるだろうか?

 

僕たちは周りの全員に好かれることはできません。

残念ながら、できません 笑

辛辣な意見やビックリするようなメッセージが届くことも多々ある。
(ここには載せられないですがw)

ただ、いつも意識しているのですが、、

万人に好かれようとした時点で終わると思ってます。

 

誰にも嫌われない=当たり障りない

芸能人でもあるまいし、
そんな記事を書いたところで誰が読むんだ?w

無理無理無理。

ウィキペディア感、我々には必要ありませんから。

 

だけど、僕もメルマガを始めた当初は万人を狙っていました。

マジで嫌われたくなかった。

嫌われてまでやることじゃないでしょ?
みたいな。

 

でもねー、違うんですよ。

三浦さんがくれた言葉で根本的な違いに気付いた。

 

無難なことだけ言っていたら、
自分が救えたはずの人を救えなくなるんです。

届くはずのメッセージが弱くなるんです。

 

よくわからない否定的な意見にびびり

自分の言葉を発せなくなる

 

これ、マジで不幸せです。

マイナスにフォーカスし続ける必要なんてない。

自分の思ったことを自分の言葉で、
しっかりと伝えていきたいと思います。

 

ちなみにBECの長はこんな言葉も添えてくれましたよ。

 

「しょべえ奴が多いけど、
俺らは俺らの信念で行こうぜ マジで」

 

これでしびれなかったら不感症だろ!

自分の芯を持って頑張っていきたいと思います。

 

もう過去の話はいらない

名言を「いま」形にしていきましょう!!

 

———-
井上直哉公式メールマガジン
無料登録は⇒こちら
———-

タクシーと物販の話。

こんばんは!井上直哉です。

今日のBECで挙がったお題はこちら

この記事、どう思われますか?

僕はこのように投稿しました。

——–

需要は増えるのでしょうが410円でちょい乗りされることに、
運転手のモチベーションが付いていくのか疑問に思いました!

転売の薄利多売と一緒で疲れるだけになるような・・

地方から出向く者としては多少割高でも良いから
道を熟知している運転手さんに当たりたいです。

——–

まず思ったのが、自分がタクシーの運転手だったら
気持ちが付いていかないんじゃないかなと。

 

というのもアパレルで勤めていた頃、
僕は百貨店とアウトレットを両方経験しました。

客層から客入りから全然違うのですが、
百貨店からアウトレットに行って感じたのは

「いくら売っても数字が伸びない」
ということ。

何人レジを通っても単価が安いから全然違うんですよね。

数か月もそこで過ごせば当然慣れてはくるのですが・・
自分のこれまでの感覚と数字が比例してこないのは結構きつかった

 

安い「ちょい乗り」は、当然需要は伸びるのでしょうが。

物販でいう薄利多売のような感じを受けました、僕は。

 

最近は東京へ行く機会も多くなり、夜中まで懇親会が続くと
(というか続くので)

帰りはタクシーにお世話になるのですが、
どうしても道を知らない運転手が多い気がしてしまいます。

先日乗ったタクシー、道は知らないけど急いでる感を出すためか
ものすごい飛ばすので乗っていて恐怖でした。

下手なジェットコースターよりスリルがある、あれは。

あれだけ細かい道が多いと把握しきれないのもわかるけど
せめて自分がいるエリアくらいは覚えておいてほしいと思いました。

 

こういう需要もあることを考えると、やっぱりプロフェッショナルは強い。

多少高くても道をしっかり把握している運転手なら乗りますからね。

むしろそっちに乗りたい。

 

物販でも同じようなことが起きていると思っていて、
結局のところ価格だけで勝負しようとすると道を誤る気がします。

自分が提供できる付加価値を追求する方が絶対に良い。

現にBECのBUYMAプレイヤー舘山さん、野崎さん、松尾さんは
「高値売り」で利益を確保している現状を見て、尚更そう思います。

安さではない、自分が提供できる価値は何なのか?
そこを追求して仕事をしていきたいですね!

 

———-
井上直哉公式メールマガジン
無料登録は⇒こちら
———-

今までと同じでは何にも変わらない。

こんばんは!井上直哉です。

本日BECで三浦さんから音声が届いたのですが、
話題となったのはこちらです!

「なにを捨てるか?」

新しいステージに進むには今まで通りの行動をしていては無理。
なにかしら自分の中に空きを作らなければいけない。

そうなったときに、じゃあ自分は何が捨てられるのか?
ということをもう一度考えてみようということでした。

 

僕は、メリハリのない時間を捨てようと思います。

・食後なにげなくテレビを観てしまう
・トイレでのスマホ
・パソコンを起動してからのネットサーフィン

一見、仕事に関係のあることをしているようで
実際には何も進んでいない時間ですね。

毎日数分だとしても、その積み重ねが何時間、何日に変わる。

2017年、あけましておめでとう!
が、この前だったのにもう既に20日以上が経過しています。

時が経つのって早いよね~
で、簡単に済ませるわけにはいきませんからね。

しっかりと意識して毎日を過ごしていきたいと思います。

 

無意識でも、僕たちは基本的に新しいものには敏感です。
あれを取り入れよう、これを取り入れようというアンテナはある。

だけど、受け入れるスペースがないんです。

新しいことをやるにも、それを行う時間を作らなければ無理。

「捨てること」って絶対に必要なんですよね。

 

現状を変えたい

新しい動きが必要

だけど自分の時間に空きがない

なにかを捨てる(断つ)しかない

 

逆算すると、必然的にここに辿り着きます。

ちなみにBECメンバーの捨てるものを一部抜粋すると

・同僚との飲み会
・長い仮眠
・前に所属していたコミュニティの人間関係
・スマホゲーム
・禁酒
・2chを見る時間
・衝動買い

などなど。。

(書ききれないのでこの辺で)

 

ちなみに、この捨てるものに関しては

「それを捨てることによって時間に直結するもの」

が良いと三浦さんからディレクションがありました。

 

あなたは何を捨てますか?

年始に描いた目標達成のために今一度考えて、
頑張っていきましょう!!

 

———-
井上直哉公式メールマガジン
無料登録は⇒こちら
———-

圧倒的な量を目指して。

明けましておめでとうございます!
2017年もどうぞ宜しくお願いします!

ということで、早速いきます 笑

 

「熱いロボットになれ」

三浦さんのコンテンツなんですが、
僕はこれが好きなんですよねー。

何回も聴いているコンテンツを新年また聴きました。
そして思ったこと。

「やっぱり、まずは量」

なかなか結果が出なくて悩んだりするときがあります。
仕事をしている以上は当然で、そういうときは何が足りないんだろう?
と毎回のように自問自答する。

でも、何が足りないって「量」だろと。
仕事量が追いついて無いと何にも見えてこない。

これは昨年、本当に実感しました。

結果を求めるのが早過ぎるとロクなことがない。
スランプじゃなくて実力、みたいなことを常々感じました。
だからこそ、頭にはいつも、
量の意識を置いておかなければならないんですよね。

 

でも逆に言うとそこがネットビジネスの良いところだとも思っていて、
量をこなすと自然と結果はついてきます。

よほどやり方を間違っていない限り、
必ずと言っても過言ではないと思う。

感情を捨ててとにかくやり込むことが大事。
今年もまずはそれをやります、僕も。

 

「決めた数を毎日こなす」

当たり前のように聞こえるし、実に簡単そう 笑
だけどやってみるとコレが異常に続かない。。

もうね、これをやれたら勝ちだなと思ってます。

自分の作業にも当然、優先順位はありますが
なんだかんだ言うよりもやってみる意識を。

自分自身の活動を、「数」をこなすことによって
ワンランク上にあげていきたいと思います!

仕事をした人間が勝てるのはフェアですからね。

行き詰まる前に仕事量を見直して、突っ走っていきたいと思います!!

野崎さんの特典から学んだこと。

年末3日間限定でBECの裏番長・野崎純子さんが
販売していた商品を購入しました。

セールスが刺さりまくったのと商品内容が気になる!
というのは当然なのですが、、

特典が欲しかったっす。

「野崎流人たらしの術」

・・気になりすぎるだろう!w

 

本日早速配布されたので勉強させて頂いたのですが、
やっぱり野崎さんは凄かったです。

まず表紙がかっけえ。。
こういう方法もあるんだ。。。

そしてなにが凄いって、、
こういうテーマはマジで言語化が難しい。

「センス」であったり「なんとなく」という言葉で
片付いてしまうテーマだからです。

それを言語化したということ自体がヤバイ。

 

僕がBECに入って勉強になったことを問われたら、
「言語化」というのは確実に上位に来ます。

思ったこと、考えたことを言葉にする能力は
4ヶ月前と比べて格段にアップしたという実感がある。

これはマジで鬼の24時間チャットに臨み続けたからなのですが、
やっぱり「なんとなく」ほど相手に伝わらないものはないです。

メルマガだったり、文字にすると尚更。

感覚的な、長嶋茂雄的な部分をいかにして上手に届けるか?
こういうスキルはなかなか訓練の場がないですからね。
BEC3期でもしっかりと自分を向上させていきたいと思います。

 

で、これまたビビったのが、、
文字と音声ではこんなにも違うのか!ってことです。

以前に三浦さんからも指導があった手法。

この辺は今後もっと、自分も考えて取り入れていきたいなと思いました。

 

なんていうか・・
野崎さんの音声、めっちゃいいんですよね。

絶妙に口が悪い。

こういうリアルなのが受け手には伝わるなあと感じました。

三浦さんの音声が好評なのも声が良いだけじゃない。

 

自分の言葉で、自分が想うリアルを

しっかりと言語化できるよう
年末年始も頭はフル稼働で行きたいと思います!

ビビりながらも前へ進め!

昨日、BEC3期チャットに三浦さんから投稿がありました。

———-

BECメンバーに上下関係はないから

堂々と、発信してください

———-

3期生が恐縮しないように、というメッセージですね。
投稿自体は個人に向けられていましたが、全員に言ってますこれは。

だって、ぶっちゃけ、、

僕も最初は超~恐かったからwww

チャットに1投稿するのに何回見返すんだよ!みたいなね。
リアルに指が震えておりました。

そうこうしている間にタイミングを逃すこともしばしば。。

というか、チャットで指が震えてるってどんだけビビりだよ!
と思うでしょうがこれに共感してくれるBEC生は多いはず。

 

でも、いいんですよ。それで。
ビビりながらでも前には進めるんで。

ビビるのがカッコ悪いからって止まってる方がよほどダサい。

 

BECのメンバーには僕より稼ぎが多い人が沢山います。
参加した当初、そこに萎縮している自分も当然いました。

だけど、別に自分の想いを堂々と言ったって誰も笑わないです。
稼ぎ額だけで人をみないという三浦イズムがBECにはある。

稼いでから堂々としよう、じゃない。
堂々と発信するから、稼げるようになるんです。

マジでそこは逆だと思う。

 

自分のステージで、自分が出来ることを精一杯、堂々とやる。

結局はそういうことなんだと思います。

人の一生懸命をバカにして笑ってる人間なんて、
たとえ稼いでいたとしても魅力ないですから。

 

ダンスのプロに「へったくそだなー」と笑われるのを気にしてたら
AKBなんて一生、人前で踊れないです。

それでも自信を持って本気でやるから輝いて、
そこにファンが生まれる。

発信にしたって同じで、堂々と、
いま自分が出来ることを精一杯やろうと思います。

 

そういう意味では、、

「調子に乗ってる」
「偉そうにしてる」

と三浦さんに言われるようになってきたことが
自分的には大満足です。

BECチャットに書き込めればどこ行ってもやれますからね。

 

「稼ぎがどうとかじゃなく、一個人として堂々といろ」

三浦さんのメッセージを自分の発信で、
これからもしっかりと形にしていきたいと思います。