BECサプライズ企画発表!

さてさて、本日の投稿テーマはこれ。

「自慢して~~~~」

です。

・・・なんのこっちゃ!w

ええ。

三浦さんから「おれに自慢してこい!」という
熱いメッセージが届いたのです。

というのも、甲斐秀樹さんと近嵐誠美さんが
なんとも嬉しいサプライズ企画を用意してくださったと!

「今月これだけやりました!」をそれぞれが自慢して、
その中から受賞者が選出されるような形です。

・・・熱い!頂けるギフトが熱すぎる!!
(てゆーか昨日の写真、超絶ステキだったなー)

BECへ一番最後に参加した者から見た率直な感想として、、
このコミュニティは「アメ」が多すぎます。
たったひと月少々で僕が感じてるんだから相当ヤバイ。

次から次へと、、
僕たちメンバーのモチベーションを上げてくれるんですよねー。

「三浦孝偉=企画の天才」

BECというコミュニティは、まさに三浦さんのイメージそのもの。

そこに甲斐さんと近嵐さんの温かさというか男気というか愛というか・・
サプライズはもとより、この環境が最高に有難いです。

もはや頑張れる要素しかないぜ!w

(それより甲斐さんと近嵐さんにご挨拶したい僕ですが)

受賞を目指して頑張りたいと思います!!

というか最近、本当によく感じることがあります。

「環境」ってなんなの??

僕は情報発信を始めてから、色んなメルマガを読み漁りました。

「メルマガで稼ぎたければ稼いでいる人のメルマガを読め」

三浦さんの教えどおり実践したら、
それこそ1日に100通以上は当たり前。

そろそろ何か売るんだろうな、というのもわかるようになりました。

それだけの数を読んでいると当然、好きな発信者ばかりではないけど、
稼いでるのであれば学ぶことはある。

そう思って読んでいたときに、
どうしても好きになれないセールス時の共通点が1つ。

「環境」を謳ってきます。
「仲間」というワードを絡めて。

僕がいつも感じていた違和感が、BECに参加してハッキリした。

軽いんですよ、仲間とか環境という言葉が。

「多くの仲間と一緒に頑張りましょう!
結果が出るまで生涯サポートします!」とか・・・

セールス1週間前に出てきてセールス後にスッと消えるような
そういう発信者こそ、こういうことを平気で謳う。

少なからずそこにも参加者がいることを考えると、
未だにネットビジネスが怪しまれるのも無理はないと感じます。
「環境」に恵まれず去っていく人は思いのほか多い。。

そんなものと比較しても仕方ないですが
BECでの、というか三浦さんの教えは

「死ぬ気で稼がせろ」

だったりします。

向き合い方がまるで違う。

そりゃあ当然、「環境」という言葉の意味合いも違う。

都合の良いときだけお互いイイ顔して一緒にいましょう~
なんて、そんなの良い環境でも何でもない。

無論、そんな希薄な人間関係で仲間になり得るわけもない。

本当の意味で「環境」「仲間」を謳える発信者であれるよう
BECという最高のコミュニティで自分を高めていきたいと思います。

「環境」の大切さを肌で知れて、僕は幸せです。

PS

メルマガ、Facebook、このブログと
毎日投稿が少しずつ身体に入ってきました。

が、まだまだダメ。

ゴリゴリに意識している段階です。

TRENDも満足に書けてない。

■意識してもできない

■意識すればできる

■無意識でやっている

先は長い。

無意識で出来るようになるまで、続けていくぜ!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント