どうも、井上直哉です。

BECチャットでここ数日、三浦さんにお褒めの言葉を頂いています。

それが超嬉しいですー!!という想いは少々。
(とはいえやっぱり嬉しいものは嬉しい)

ただ、こういう何気ないひとつひとつから
「三浦孝偉流コミュニティビジネス」が垣間見えます。

どういうことかというと、
※ここからは完全に僕の解釈でお話しします

三浦さんは別に僕を手放しで褒めたいわけじゃない。
むしろ逆なんだと思ってます。

「お前、もっとイケるぞ!学べ!頑張れ!!」

そして、一番の理由はBECメンバーへのゲキです。

途中参加のヤツに負けんじゃねえぞ!!という、
三浦さんの熱い言葉が聞こえる。

事実、途中参加にMVPは譲らねえぞ!!!と、
右田さん、ひなたさん、野崎さんを筆頭に熱い投稿が続きました。

だから僕は、コミュニティの活性化に利用されていると思ってます。

 

この「利用」って、どう感じますか?

人に使われたくないと思っている人が多いけど、
こういうのって感じ方ひとつだと思うんです。

僕はハッキリ言って、光栄でしかない。
利用する価値もないと思われるより100倍有難いです。

(利用の意味をはき違える人とは一切付き合いたくないですが)

 

コミュニティに参加するにあたって、
結構この入口を勘違いしている人が多いと思います。

お金を払ったんだから、あとはそっちが教えてくれるんでしょ?

口には出さないまでも、
心のどこかでそう思っている節がある。

そんな思考じゃ、成功しようなんて無理です。
BECにこういう考えの人は誰もいない。

 

与えてもらうなんてことは考える必要がなくて、
自分が何をどれだけ返せるのか?

これだけだと思います。

自分がコミュニティを「利用して」成長しているのに
そういうところは棚に上げて、
相手にはひたすらGIVEを求めるなんてどうかしてる。

 

そもそも、コミュニティ(というか人)にはそれぞれに、
自分の役割というのがあると思ってます。

BECで途中参加は僕しかいないわけで
(本当にありがたい話!)
当然、僕にしか出来ない役割がある。

自分が少しでも結果を出すことでコミュニティの士気が上がるなら、
それ以上の喜びってありますか?

むしろ三浦さんはじめBECメンバーから頂いている
刺激の数々を考えたら、こんなんじゃ全然足りない。

まだまだそこは追及していきたいと思います。

 

こういう意識に関しては、どののビジネスでも一緒かなと。

情報発信だって、自分を利用してもらってナンボ。

自分の発信を通してなにか気付きを得てほしいわけだから、
ある意味、読者様に利用されるわけです。

転売もそう。

モノを売るためにまずは、
自分のショップを利用してもらわなきゃいけない。

それこそ「ご利用いただきありがとうございます」がピッタリ。

やっぱり、利用されるって良いことだなと思います。
むしろ、頼むから使ってくれ!みたいなw

それくらいでいい。

 

で、なんでここまで「利用」という単語を多用したかって、
僕自身が人に使われるのが大嫌いだったからです。

「利用される」と察知した時点で全力でシャットアウト。

なんか、、すげえ高飛車だったなと 汗

マイナスにとらえる必要はなくて、「貢献」に近いんですよね。。

そんなことを気付かせてくれたのが
三浦さんのメルマガだったわけですが、、

いまはぜひ僕を「利用」してほしいと思っています。
ぜひぜひ!
井上直哉公式メルマガ

僕もまだまだ、人として成長していきます!

 

PS

忘れちゃいけないのが、こうやって途中参加の僕を
馴染みやすいようにしてくれる三浦さんの優しさですね!

すべてが深い!

コミュニティというものを、もっと学びたいと思います!!