自分より上の人を相手にする。

どうも!井上直哉です。

本日のテーマは「神レベルを相手に」です!

ヒントは甲斐秀樹さんのメルマガからでした。
一部引用します。

——
自分のメルマガ読者さんって自分よりも

年上の方もいるでしょうし
収入が多い人もいるでしょうし
家柄がいい人もいるでしょうし
学歴がいい人もいるでしょうし
職歴がいい人もいるでしょうし
人格者もいるでしょうし

とにかく、過去の経歴、スキル、実績等々が
自分よりも優れている人だらけな可能性もあるわけです。

——

この視点・意識が絶対的に足りなかったことを自覚しました。
中級者・上級者・神レベルと、そういった方々も当然いて、
むしろ牌としてはそちらの方が初心者より大きいのでは?と。

セールスをするにしても、自分より稼ぎのある人が見ても
魅力的なオファーになっているか?ということを
意識しているか、いないかでは全然違うという内容で、
非常に考えさせられました。

確かに自分の発信・思考も一辺倒だったし、
コアな層ではないにしても、そこは考えないといけない。

なにより、特典なんかはその最たる例で、、
上級者の方に欲しいと思わせる特典が作れたら勝ちですよね。
それはきっと、自ずとみんなが欲しいものに仕上がってる。
今後自分がセールスをする際の新しい視点になりました。

三浦さんだったり甲斐さんであったり本当に突き抜けてる人って、
そういう思考なんだ、これまでそうやってきたんだ、
ということがすごく腑に落ちましたね。

加えて、三浦さんからこの件に関しての音声が・・!
「自分より上だと思っている人を相手にしているか?」
ということへの深掘りだったのですが、
今でさえ三浦さんは上の層も意識してセールスしている。

このテーマは僕も含め大半の人に刺さったと思います。
発信するうえで無意識に避けてきたであろう話だった。。

「神レベルの人が欲しがる特典」
ちょっと考えるだけで頭が痛いですが、
だからこそこういう思考が大切になる。

出来る、出来ないではなく、やってみようと思います!

井上直哉公式メルマガはこちら

毎日配信しています!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする