甲斐秀樹さんから学ぶBEC3期セールスの心得。

BEC11月の勉強会を終えました!
今月もすごく深い学びになったことは言うまでもないのですが、、
懇親会から参加してくださった
甲斐秀樹さんの言葉が頭から離れません。

「BEC3期なめたセールスしたやつはコロス」

乾杯の音頭でこれを言われたときには思わず背筋が伸びました。
三浦さんの次にBECのことを想ってくれている甲斐さんの言葉は
ストレートでガツン!とくる。

「浅いし、遅い」三浦さんの講義であったお話が、
自分の中に改めて叩き込まれた瞬間でした。

甲斐さんは役者として活動されていた経験からの
エピソードがとにかくスゴイんです。

オーディションで自分をアピール出来ないと終わり。
本番は死んでもミスれない。

「一発勝負」に命を懸けて生きていた話は本当に鳥肌がたつし
仕事との向き合い方を考えさせられる。
そういう心意気でやれないなら、最初っから売るべきじゃない。

周りに本当に熱い人が多いのが
三浦さんの魅力の一つだと思っていて、
三浦さんの熱が完全に伝染しているその環境は希有。
甲斐さんから直接アドバイスを頂けるなんて
BEC以外ではあり得ないことですからね。

三浦さんと甲斐さんが本気でぶつかってくれることに、
その真剣な想いに報いるためにも結果に拘って活動していきます。

アフィリエイトって、思っている以上に難しい。
これは最近すごく思うことなのですが、
僕の場合はまだまだ何かを判断する段階じゃないんですよね。
あーだこーだ言ってる場合じゃなくて、
とにかくがむしゃらにやり抜くしかない。場数を踏むしかない。

その都度、気が狂いそうなくらい考えて考え抜いて、
そうやって幾つも壁を越えてきた姿が
三浦さんであり甲斐さんなんだという風に思います。

キレイなセールスなんていらないし、まだ出来ない。
そんな自分ができる形をとことん追求したいと思います。

アフィリが初めてとか2回目とか、マジで関係ない。

今年最後にして最大の大勝負は目前。

ラスト1か月、絶対最後に笑ってやろうと思います。

勝ちたい!!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする