タクシーと物販の話。

こんばんは!井上直哉です。

今日のBECで挙がったお題はこちら

この記事、どう思われますか?

僕はこのように投稿しました。

——–

需要は増えるのでしょうが410円でちょい乗りされることに、
運転手のモチベーションが付いていくのか疑問に思いました!

転売の薄利多売と一緒で疲れるだけになるような・・

地方から出向く者としては多少割高でも良いから
道を熟知している運転手さんに当たりたいです。

——–

まず思ったのが、自分がタクシーの運転手だったら
気持ちが付いていかないんじゃないかなと。

というのもアパレルで勤めていた頃、
僕は百貨店とアウトレットを両方経験しました。

客層から客入りから全然違うのですが、
百貨店からアウトレットに行って感じたのは

「いくら売っても数字が伸びない」
ということ。

何人レジを通っても単価が安いから全然違うんですよね。

数か月もそこで過ごせば当然慣れてはくるのですが・・
自分のこれまでの感覚と数字が比例してこないのは結構きつかった

安い「ちょい乗り」は、当然需要は伸びるのでしょうが。

物販でいう薄利多売のような感じを受けました、僕は。

最近は東京へ行く機会も多くなり、夜中まで懇親会が続くと
(というか続くので)

帰りはタクシーにお世話になるのですが、
どうしても道を知らない運転手が多い気がしてしまいます。

先日乗ったタクシー、道は知らないけど急いでる感を出すためか
ものすごい飛ばすので乗っていて恐怖でした。

下手なジェットコースターよりスリルがある、あれは。

あれだけ細かい道が多いと把握しきれないのもわかるけど
せめて自分がいるエリアくらいは覚えておいてほしいと思いました。

こういう需要もあることを考えると、やっぱりプロフェッショナルは強い。

多少高くても道をしっかり把握している運転手なら乗りますからね。

むしろそっちに乗りたい。

物販でも同じようなことが起きていると思っていて、
結局のところ価格だけで勝負しようとすると道を誤る気がします。

自分が提供できる付加価値を追求する方が絶対に良い。

現にBECのBUYMAプレイヤー舘山さん、野崎さん、松尾さんは
「高値売り」で利益を確保している現状を見て、尚更そう思います。

安さではない、自分が提供できる価値は何なのか?
そこを追求して仕事をしていきたいですね!

———-
井上直哉公式メールマガジン
無料登録は⇒こちら
———-

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする