パソコンまでは、起きて10秒。

BECプレミアム合宿が北海道で行われました!
「一番遠いメンバーの場所へ行く」という何とも素敵な方針・・!
最高に素敵な時間を過ごさせて頂きました。

2泊3日という時間の中で感じるものが大きかったわけですが
当たり前のことも目の当たりにすると感じ方が違う。

何の話かって・・みんなめちゃめちゃ仕事してますわ!
成果が大きい人ほど仕事してるって本当ですね。

加藤さんと茂呂さんは起きた瞬間にパソコン開いてるし。
起きて布団から出たと同時に開いてました。

目の当たりにすると結構衝撃的ですよ、この光景。
(結局、三浦さんが一番起きているという事実も)

こういうのって、言われてもわからないんですよね。
受け入れたくないという表現の方が正しいかもしれませんが、
人がやっていることを知ると自分もやらなきゃいけなくなる。
それがしんどいから見てみぬフリをする人もたくさん。

その気持ちはすごくわかりますよ。嘘かもしれないし。
事実、「仕事しようぜ!」とかいって遊んでばかりの人もたくさんいます。

でも、本物はマジで働く。
今回の合宿で出た、ひとつの結論だった気がします。

センスとか経験とか言う前に「量」の違いだということを認めなければいけない。
大前提としてそこからは逃げられないですね。

そもそもの能力が違うのに同じ時間だけ働いていても絶対に差は埋まらないから。
せめて仕事時間で上回る必要があることを痛感しました。

だけど結局のところ、どれだけやるかという話に帰結するなと。
結果が出ない人ほどあーだこーだ言ってるし、
やったら稼げるというのがわかっている仕事だから頑張れる。

2泊3日、参加出来て本当に良かったです。
どでかい刺激をもらいつつ、引き続き頑張っていきたいと思います!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする