花見から見るBECの良さ。

こんばんは!井上直哉です。
先日、BECでお花見が行われていました。
(いいなー。いいなー。)

場所が東京ということで僕たち地方組はちょっと参加が難しい。。
そんななかで三浦さんのチャット投稿。

ーーーーーー

<花見に参加される皆様>

いや~最初はいつものメンバー+枝川だけだと聞いて、
マジで辞めようと思いましたが、なんと10人以上参加されること!

やったぜ!!

甲斐 秀樹も来てくれるそうなので
後で諸々レポートしまーす

今から場所取り行ってきますぜい!!

ーーーーーー

・・・10人にもなっとる!!!
その日はめちゃめちゃ寒くてすぐに場所を変えたということでしたが、そんなことよりも、平日の花見にこの参加率はヤバくないですか?

しかも神奈川や埼玉からも参加者が。。
なんかBECメンバーの熱さを感じる、素敵なイベントだなーと。
仕事を途中で抜けて顔を出しているメンバーなんかもいて、
コミュニティの素晴らしさを改めて感じました。

三浦さん&甲斐さんがこれだけ時間を割いてくれる場所ってだけでマジでBECの価値がヤバいんですけど。

それはさておき、こういう娯楽の要素も、たまにあるから良い。
毎回遊び遊びで「人生楽しんでマース!」は別に望んでないというか。
普段は黙々と仕事をしているからこそ楽しめる、みたいなね。

「自由が欲しい」って結構みんな言うけど、
自由の意味合いなんて全然違うんだと思います。

それ(目的)を勘違いしてコミュニティや塾を選ぶから失敗する。

そもそも「仕事が好き」と「仕事が嫌い」な人間がいるわけで、
この時点で後々やろうとしていくことなんて変わる。

BEC=三浦さん は、仕事の量がハンパないです。
仕事が嫌いな人間は入っても付いていけないと思います。

だけど、みんなそうやって一生懸命に仕事をするからこそ分かち合えるものが、ここにはある。
そういうコミュニティだから僕はBECが大好きです。

楽して稼いで夜の街でイェーイ!!
がやりたいなら、間違いなく選ぶべきは他っすw

とりあえず花見が羨ましくて仕方ないですが
(北海道はまだ咲いてないw)
そんなイベントからも活力をもらった話でした。

来週は半ばから東京Weekなので、
やることやって出発に備えますぜい!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする