隣の畑に行けば初心者。

こんばんは!井上直哉です。
先日、声のワークショップに参加してきたのですが、
これがまた、すんげえ疲れました。

なんというか、、筋トレと一緒かな?
普段使っていない部分を使うから、すごく疲労感がある。
最終的には顔が痛かったですからね 笑
すごく良い経験をさせていただきました。

で、声のワークショップもプロの仕事なので、
ネットビジネスにも通ずる部分が非常に多かったです。

「やらなければプロでも落ちる」ということ。
日々の取り組みを怠れば、たとえプロだろうとスキルが落ちる。
これってどの仕事も一緒なんだなーと感じました。

野球選手は素振りをするし、声優は滑舌の練習をする。
BECでいえば日々のアウトプットをしなければ思考力が一向に上がりません。
やっている仕事は違えど、取り組む姿勢に関しては同じですね。

声を出すスキルに関しても一朝一夕ではモノにならないと
講師の方からお話しがあったわけですが、
1日出れば劇的に変わると思っていた僕は情弱なのだと思います。

だけど、当たり前だけど、みんな努力して「今」がある。
これをリアルに感じられてすごく刺激的でしたね。
そして、新しいことは楽しい!
これを改めて思いました!

やったことがない世界というのは恐いし、最初はできない。
(びっくりするくらい滑舌とか上手く出来ませんでしたw)

だからこそ、上達を感じられたときヤバイっす。
出品した商品が初めて売れたときの喜び的な!!

未体験ゾーンへの一歩はビビる気持ちもあるけど、
こういう感覚にはどん欲に挑んでいきたいと思いました。

そして恥はかき捨てなので、オープンでいたいなと。
守っていたら吸収率が下がるというのもリアルに感じた。

誰でも最初から上手く行くことなんてなくて、
それこそ日々の失敗の積み重ねが大きな成果を生む。
初心者の頃の気持ちを思い出すにも良い機会でした。

ちょっと慣れただけで上級者ヅラしてるのはイカンっすね!
日々の取り組みを愚直に続けるのみ。
すでに半月以上が経過している4月、、頑張りましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする