金額が最優先の考え方。

こんばんは!井上直哉です。
BECで学んでいると、いろんな情報に触れることになります。
それこそヤフーニュースが気付けば日課になっていたり。

ヤフーニュースとかスポーツだけ見て終わりだったんですけど!
って感じなのですが 笑
とにかく情報に触れる回数が激増しました。

なので、僕は割と復習するようにしています。
(なんせすぐに忘れるのでね、、、)

で、今日は北海道でのプレミアム合宿で学んだケーススタディについて。
そもそも「ケーススタディ」という単語に嫌悪感があった僕は(よくわかっていなかっただけなのですが)このワークが目から鱗でした。
うおおおマジか!!みたいな。
いや、そもそも前半のワークで死んでいたのでそんなテンションではなかったか・・・

1つ衝撃的だったのが、

「価格が日本より高い海外の企業へ仕事を依頼するのはなぜか?」という問題。

僕は、質の高さとブランディングのため。と答えました。

結論から言うと・・・全然ちげえーーーw
わりと自信満々に答えたんですけどね。。

答えは「時差を利用して納期を短縮するため」でした。
これすごくないです?めちゃめちゃ納得してしまいました。
簡単に言うと、お金で時間を買う。というヤツですよね。
この考え方はすごく大事だと思ってます。

僕も副業の頃から必死で運転して仕入に回っていましたが
最初の頃はちょっと遠くまで行くのに高速代をケチってました。
いやいや、下道で十分。という感覚。

確かに、高速を使わなくても全然問題ないんですよ。
到着が30分遅れる程度。

・・・30分!?
ってなったときが、自分的には結構なターニングポイントだったように感じます。

1000円払って30分短縮できるなら高速乗ろうぜ!と。
そもそも30分リサーチして1000円の利益を出せない程度のスキルなら、たぶん専業としては厳しいですしね。

2000円、3000円と利益を生み出せる可能性(時間)を捨てていたわけだから、大問題。

ワークのこの問題は「見た瞬間にわかった」という三浦さんはさすがです。
ていうか三浦思考のレベル、まじハンパない。
お話ししていても如実に感じますが、回転の早さも質の高さも異常です。

・・とちょっと話がそれましたが、、茂呂さんも言ってました。
「グリーン車に乗って早く着くならいくら高くてもいい」
めちゃめちゃ大事だなー、この感覚。
金額が最優先の思考からは徐々に抜けていきたいと思います。

まあ、貧乏ど真ん中の頃はそういうことを言ってる人がいたら
「金持ちぶってんじゃねえよ」と思っていたでしょうけどねw

ちょっと進歩してるぞ!自分!
今晩ももう少し頑張ろうと思います。

ではでは!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする