やらない人はやらないという結論。

こんばんは!井上直哉です。
本日のメルマガで「外注さんと話して思ったコト」というテーマを書いてみました。
外注の仕事量が減っていて、理由を聞いたらモチベーションだと。
モチベーションってなんだろね~という話ですね。

モチベーションが低いときのパフォーマンスを底上げしていくことが大事かと僕は思うのですが、このメールに返信をいただきました。

ーーーーーー

今日の直哉さんのメルマガを読んで…

忙しいと「時間がない」、
ヒマだと「やる気がでない」。
結論:やらない人はやらない

という話を思い出しましたw
ファイトです!!

ーーーーーー

さすが舘山さん、良いことを言ってくれる・・!
これ本当にその通りだなーと思いました。

「やらない人はやらない」
このひと言で全部括れるかもしれませんw

結局、できない要因を外に求める人って同じサイクルだと思う。
時間だ、資金だ、やる気だノウハウだ、、知らんがな。

ここが圧倒的に会社勤めの頃と違うと思うのですが、
会社にいると「やらない理由」は共感を呼びます。

共感ってすごく大事なので、なんとなく良い感じの人間関係は構築される。

だけどネットビジネス、というか個人で戦っている人の中ではそういう人は淘汰されていくと思っていて、
ハッキリ言って、やらない人・頑張らない人と話していてもクソもつまらんのです。

そこに時間を割けるほど暇じゃないしそんな余裕もない。
自分は「やる」人間として、その輪の中にいたいと思います。

・・なんて言っていますが、僕も会社勤めの頃はそうでした 笑
愚痴の飲み会こそが心の支え!みたいな。

そんな人間でも、変われるんですよね。

僕の場合はあの頃いちばん嫌だったのが、他人主導であること。
上司の評価>自分のスキル というあの構図は未だにわからない。。

だけどネットビジネスにはそれがないんですよね。
本当にこれが大きい。

自分の頑張り次第でどうにでもなるビジネスって、そうそうないから。

三浦さんも先日の勉強会で言っていました。

「どのジャンルでもいい。やれば稼げる。」

日々いろんなことを感じながらも、しっかり頑張っていきたいと思います!

———-
井上直哉公式メールマガジン
無料登録は⇒こちら
———-

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする