BECのYouTubeが気になりすぎる。

こんばんは!井上直哉です。
GW初日もBECは元気です!仕事してまっす!

ということで本日のお題はこちら。
外国人 → ハーフ → おねえ → 東大

この番組のCMさっき観たな・・・
そのときは何にも気にしていませんでしたが、この記事シェア後、俄然気になる!!笑

実は三浦さんはこういうところまで狙ってくれています。
触れることで興味を持つんですよね、何でも。
興味がないんじゃなくて知らないだけということは多い。

現にケーススタディのワークショップの後、井村屋にどこか親近感が沸いている。

という内輪ネタは置いておいて、、
(井村屋の素敵な事例をワークショップで知りました)

お題の記事、読んで何を感じられるでしょうか??

「東大出身の人が書いた感じの記事だよね~」
「確かに誰もが憧れる職業ってないかも」
「ワタシもこれから東大を目指そうと思います」

なんでもいいんですよ。
あなたがどう感じたか?が大事。

むしろ、ここが抜けている記事は“ウィキペディア感”がムンムンなので読まれません。

でも僕らは、自分の意見を言うことって、意外と実生活において避けてます。
批判されたくない、間違ってたらどうしよう、考えるのが面倒。。

ここがミソ。みんな言わないので、こっちは言えばいい。
それだけでわずか数%に入れます。
(Facebookで投稿している人の割合はわずか4%)

で、冒頭の記事に関して僕は何を感じたかというと、、
東大がどう、とかよりもこの一節が気になりました。

「若者のテレビ離れが進んでいる」

これ、先日のBEC4月勉強会でも同じ話を三浦さんの講義で聞いたんです。

なんでテレビを観なくなっているのか?

昔と比べてつまらないからでしょ?
(いろんな規制が多くなった)

じゃあテレビを観なくなった人たちはどこへ行ってると思う?

結論
「まだまだYouTube市場は伸び続けるよね~」

はい。納得せざるを得ないんですけど。

現にBECの1000万円プレイヤーにおけるYouTube実践者の割合が高いという事実も、ここに相まってきます。

あれから1週間、、ずーっと気になっているw
やっぱり、やるべきですね、YouTube。

即金性の高い転売で稼ぎながら、YouTubeに取り組んで資産構築。

これどう考えても相性的に最高じゃないか?とか思ったりしてます。
このブログ書くより1日1動画やったら?という意見は却下します。

だけど、真面目に新境地かもしれません。

三浦さんが今この業界に参入したとしたら、どのジャンルをやる?
間髪入れずに「YouTubeやる」って言ってましたからね。

ヤバイ。上がってきたゾ。。。

ーーーーーー

今日も1日1本
YouTubeに動画を投稿し続けています。

ーーーーーー

加藤さんのこのフレーズが俄然気になり始めた昭和の日でした。

・・・って、こんなんじゃ締まらんのでw

ちょっとだけ最後にお伝えしますが

僕のこの1記事にしても、記事を読んで自分の考えを書いた。
言ってしまえばそれだけのことです。

しかも、YouTubeが気になる!という、いわば記事内容とはまったく関係ない結論。

だけどこれが僕の「解釈」なので。

【個人MEDIAの存在価値は個々の解釈以外にナシ!】

僕の中での三浦孝偉名言集の一つです。

あなたもぜひ、自分の想いをナニカに残してみてくださいね。

———-
井上直哉公式メールマガジン
無料登録は⇒こちら
———-

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする