BECで月収350万円以上のオリジナルを学ぶ。

こんばんは!井上直哉です。
BECチャットに本日三浦さんから投稿されたのはこの記事。
(ていうか毎日お題が尽きないのがヤバイ。)

パクリ記事で月収350万円

パクって350万円も稼げるなら、やるよねーーー
って思う人は多いハズ。
(当然、僕もその一人でありますw)

でもオリジナルの意識がないと何にせよ続かないんですよね。
こういう自分の底力?を上げるためにBECがある。そう思います。

で、これに対する千種さんの投稿がヤバかったっす。
さすがのひと言。一部抜粋します。

ーーーーーー

訪れる人が何を知りたくて、何を求めているのか、
そこをきちんと考えて文章にしていけば、
自ずと価値のある記事とすることができると思っています。

ーーーーーー

さすがトレンド女王の言葉は重い!
三浦さんのメルマガで「トレンド女王・千種眞季」を何回見ただろう?

アクセスが集まる記事・ブログを書けるって本当に凄いスキルだと思う。
で、具体例を挙げてくださっていました。

簡潔に言うと、AとBの熱愛があった時に、それぞれの記事を見に行くのが面倒な人もいる。
そういう人のためにA+Bを1記事にするのは価値があると。

(千種さんは超丁寧に書いてくれていたけど、イメージだけ掴んでください)

僕は「まとめサイト」が好きじゃなかったんですよ。
なんか美味しいとこ取りでずるくねえか?と。

人間が小さくてビビりますが本音です。

でも、まとめが重宝されているのが今回、すごく腑に落ちました。
スポーツでもダイジェスト版だけ観たいときとかあるもんな。。

「需要」を考える重要性を感じます。

三浦さんの指導でも常に言われているのが「お客様目線」。
アフィリエイトで特典をツクルときもそうで、購入者様が何を欲しているのか?
どうすれば自分のスキルが役に立つのか?ということを考えろと。

なんか、かっこつけた特典なんて要らないって話。
これで僕はBEC3期のセールスのときに救われました。

オリジナリティとか言うと、突拍子もない、新しいモノを描きがちだけど
ヒントは意外と近くにあるということを改めて感じました。

モノの見方に柔軟性を持つ。
そうすることでオリジナルが生まれるのだと思います。

これ、ハッキリ言って自分ひとりでは無理なので。
学べる場所に身を置くことが大事ですね。

BEC3期もあと二ヶ月、6月で終了。。
別にそれ以降は一人で活動するのもアリだと思いますが、
学びを止めたらそこで終わることは明白。

下半期はどこに身を置くのか?
裏BECみたいのがあれば良いのになーと思っている次第です。

・・・いや、書いておけば目につくかもしれないからね?w

BECの学びを、やらないと言われている下半期も期待していまーす!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする