褒められたいんだよ。・・誰に?

こんばんは!井上直哉です。
今日はちょっと自分の本音の部分を書いてみようかと思います。

といっても常に思っていることなのでアレですが、、
「褒められたいんだおれは」って話。

モチベーションってよく語られているけど
自分のモチベーションはどうやったら上がるかって知ってますか?

小さな成果を出すとか美味しいものを食べるとかいろいろあるけど、
BEC2期のときから僕はこれです。

「三浦さんに褒められたい」
これたぶんみんな言わないだけで内心そうなんですよ。

さっきまで死にそうな顔をしていたのに三浦さんに褒められた瞬間から、いきなり元気になる。みたいな。
自分も含め、この数か月、そういう場面に何度も遭遇しました 笑

で、これ、絶対に知っておいた方が良いのですが、
誰でも良いわけじゃないんですよ。

「褒められること」が目的ではない。誰に?の部分が大事。

たとえばですが関係性が薄い人に
「GWなのにメルマガを送って偉いね!」
とか言われたところで別に、、です。

「情報発信のスキルがある」
とか、どこから目線デスカー?となっちゃう。

誰に?の部分が超重要。

これってコンサルなんかも一緒だと思うんですよ。

転売を教わる。
もはや腐るほどいます。転売系の情報発信者は。
転売に限らず、どのジャンルもそうか。

だけど、誰に教わるのか?を間違えると結果が出ないんですよね。
なんとなく凄そう、とかじゃダメなんです。

しっかり人を見て決めないと。

僕が三浦さんに指導を受けたいと思った要因が

「一流大学・一流企業を経てこの業界でも最速で駆け上がったカリスマ」

だけだったら、なんか違うもん。

超絶浅いw

こうやって客観的に聞けば普通にわかることを、自分はやっちゃってないか?
ということを、常に気を付けたいと思います。

偉そうに言ってますが僕が初心者の頃は「人」を見てなかったんですよ。
「実績」だけで飛び付いて残念な感じになった。

あれだけ熱い感じで届いてたメルマガが、コンサル募集終わったらゼロって。
こういう面も含め勉強になったから無駄じゃないんですけどね!

情報は「人」で選ぶ。これは本当に大切。
誰に褒められたいか?誰に教わるか?誰なら信用できるか?

たぶん、日々の発信でしか判断できないと思います。
細かな部分ではありますが、小さな掛け違いで未来がまったく別物になります。

ぜひぜひ意識していきましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする