稼ぎ額が大きい=正義

こんばんは!井上直哉です。
GWなのにBECチャットが止まらねえーーー

って、この「GWなのに」ってのはいいですね、もう。
三浦さんのFacebookを見て思いました。
やるヤツはやるし、やらんヤツはやらん。
以上!その通り!

投稿するタイミングと切り口がさすがすぎて何も言えないので
ここで多くは触れません。

ということで早速いきまーす
本日のお題、、学びは止まらない!

レクサス、、かっけーー!
個人的にはすごく好きです。
ドイツ御三家と比べてもアウディの次に好きかも。

って、そんなことはどうでも良くて、、
この記事で僕が気になったのはここです。

1989年生まれのレクサスは、20世紀初頭に誕生したメルセデス・ベンツ、BMW、アウディという「ジャーマン3」と呼ばれるドイツの御三家には歴史ではどうあがいても太刀打ちできない。長い歴史と伝統が息づくブランドに対抗しうる唯一ともいえる武器は商品力を高める以外に方法はない。

なるほど・・すごく興味深いです。
相手が秀でているところで闘えないのであれば、他の切り口を。

これを聞いて真っ先に思い出したのがBEC3期のセールスです。
僕は「稼ぎ額で及ばない相手と戦うにはどうしたら良いか?」
という内容の質問を三浦さんにしました。

「知らん!そんなもん関係ない!」

いや、実際にはすごく丁寧なディレクションをいただきましたが
端的に言うとこんな感じ。

自分がレクサスなのに御三家と歴史で戦おうとしていた感じですね。
そういうことじゃねえだろう?というお話しでした。

うん、、すごくしっくりくる 笑

ステージとか関係なくて、自分だからできることが必ずある。
三浦さんの元へ来た初心者が伸びまくるのはこのスタンスで指導してくれるからだと思います。

稼ぎ額が大きい人=正義 みたいな風潮、ゼロ。
だからBECは素敵だ。

転売をやっていても、誰でもどの販路でも、
最初は評価ゼロからスタート。

だけども必ず聞かれます。

「やはり評価が高い人には勝てないんでしょうか?」

・・知らん!そんなもん関係ない!w

いや、Amazonのカート取得なんかには影響してきますし同じ価格なら評価が高い方から買うというのは当然あるんですが、評価が少ないから出来ることもあるんですよ。

僕は最初の頃、発送する商品すべてに手紙を同封していました。
ぜんぶ手書きで。

内容としては簡単で
「ありがとうございます。万が一、なにか不具合等ございましたらご連絡ください。今回のご縁に心より感謝申し上げます」
みたいな感じの簡素なものです。

でも、そんなことする人いないから、評価のコメントがすごく良いのが入る。
そうすればこっちのモンというか、評価の壁なんてあっという間に越えます。

どのステージへ行っても自分より優れた人はいるし、
逆に言えば必ず戦い方もある。

すごく難しいけど、考え続ければ見えるはずなので。
日々、頭を使って、頑張っていきましょう!

ちなみに、三浦さんからいただいたディレクションを活かした結果、
僕からBECに参加してくれた人たちがいまブログも頑張ってます。

BEC3月のMVPに入賞した、主婦で副業のなおみさん


BECに参加して実績が3倍になってる、専業の笹原さん

別に何も言ってないのに、この二人はなぜか、毎日書いてますw

やるなー!まだ慣れてない感じもいい!

僕も負けじと更新していきまっせ!

ではでは、また明日!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする