BEC 情報発信以外のドラマ。

こんばんは!井上直哉です。
今日はBECでとんでもない報告が出ました。

以下、三浦孝偉さんの書き込み

ーーーーーー

遂にやったな 佐野!

これからだぞ!!

なんか泣けてくる

ありがとう 諦めないで頑張ってくれて

ーーーーーー

なんと、1月から通販に取り組まれていた佐野正一さんが初受注を・・!!!
すごいですよね~、で済ませられないレベルですごい。やばい。

佐野さんのメルマガに書かれていましたが、
この初受注までの準備期間は丸々5ヶ月だったそうです。

こういうことだなって思いました。
カッコイイ。マジで。

佐野さんが頑張れた裏側には三浦さんの指導があって・・
もう完全にドラマですよね。

BECには情報発信以外にもこういう成果報告がバンバン挙がっていますが、
昨日のBECチャットの投稿には、本当に刺激をいただきました。

・・と同時に、なんかちょっと感覚がおかしくなっていると思わされた。

というのも転売って結果が早いじゃないですか。

それが一番の魅力なのだけど、
そのスピードが当たり前になると何にも出来なくなるんです。

積み重ねる、ということが億劫になるから。

「大きく稼ぎたい」or「安定して稼ぎたい」

このどちらかは誰しも持っている感情かと思いますが
いずれにしても一朝一夕で手に入れられるモノではありません。

そもそもの話、ちょっとやってすぐ得られるなら誰も悩んでいないので。

地味なことを地道に続けて、続けて続けて、
ようやく手に入れられるかどうかのところへ行ける。

認識を改めなければいけないですね。

でも、ネットビジネスって、すごくまともだと思うんです。

佐野さんの通販にしても、5カ月間売上0に耐えられる人がどれだけいるんだろう?

BECでいつもお世話になっている甲斐秀樹さんも言っていましたが、
精神的にも金銭的にも、ほんの一握りしかいないことは間違いない。

だったらその一握りが大きく成功することに異論はなくないですか?
人より超しんどいことをやっているんだから、当然のようにも感じる。

転売にも同じことが言えて、すぐに結果が出る反面、
ある程度のところでなにかしらテコ入れしないと飛躍的な伸びはないです。

新しい挑戦はなにかしら痛みを伴うけど

“だからこそここにチャンスがある”

成功する人は、成功するだけの何かをやっているということを
今回の佐野さんの成果を目にして、改めて感じた次第です。

単純転売しかやりたくないけど大きく稼ぎたいなんて都合が良すぎる 笑

僕も、いま自分ができることから目をそらさずに
しっかり取り組んでいきたいと思います。

———-
井上直哉公式メールマガジン
無料登録は⇒こちら
———-

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする