三浦孝偉の指導はビジネス偏差値を高める。

こんばんは!井上直哉です。
今日のテーマは結構リアルなこれです。

分かってたけどね!

別にマッキンゼーに聞かなくても、、というのは置いておいて
やはりこのテーマは定期的に取り上げられますね。

運転、機械操作、倉庫作業、レジ打ちなどの肉体労働の大半がなくなる

単純作業の仕事はどんどん減っていくということですね。
なんというか、これって別にレジ打ちだけの話じゃない気がする。

案の定、BECチャットには「右から左へ流すだけの転売も淘汰される」
という内容の投稿がありました。

今が良いから大丈夫という世界ではなくなってきているように感じますね。
早い段階で動く必要があるし、いまのうちに対策を練った人が残る。

攻めているようでこういう姿勢が守りにも繋がるし
ただ守っているだけでは結局のところ守り切れなくなるので。

ネットビジネスという個人で取り組む仕事だからこそ
新しいことに挑戦し続けなければいけないと感じました。

もう、本当に向き合わなければいけないと思います。
「頭を使う」ということに。

僕もメルマガを書いているので勉強も兼ねて
いろんなメルマガを読んでいますが、

「Amazonが危ないとか騒がれていますが、惑わされないでください」

的なことが平気で書かれていると結構ビビる。

地に足を付けて仕事をするべきだという言い分はわかるけど
明らかに数年前より色々厳しくなっているのは現実。

というか、そういうのも含めいろんな情報を見極めるためには
やっぱり頭が良くならないといけないんですよね。

三浦さんの指導の真髄がここにあって、自分で取捨選択できるようになるためには
ビジネス脳を鍛えるしかないんです。

「ビジネス偏差値」

という言葉に置き換えられるけど、
学校で学んだ勉強の偏差値とはまったく別物です。

考える力を持たずにノウハウへ走っても
結局のところ何も変わってないことになる。

「考える」とか「思考力」とか、響きも悪いし正直ウザいと思う。

だけど頭を使わない仕事はなくなるというのは
今日のお題にある通りネットビジネスの枠の話じゃないですからね。

いま取り組んでおくことで数年後に笑えるのは明らかだ。

「面倒なことから逃げない」

これは三浦さんからもいつも言われていますが
考えることを常に要求されるBECでの経験は一生モノだと思います。

ずっと使い続けられる、稼ぎ続けるスキル=ビジネス偏差値

三浦さんの指導から学んだ武器を、今後もガンガン磨いていきますぜ!

———-
井上直哉公式メールマガジン
無料登録は⇒こちら
———-

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする