ネットビジネスで成功する方法。

こんばんは!井上直哉です。
今日は「この業界での成功法」について書いていきます!

たぶん、こんな話は三浦孝偉さんのBECでしか聞けないので。
ぜひ参考にしてください!

ご存じの通り、ネットビジネス業界ではいろいろな稼ぎ方があります。
転売、YouTube、トレンドブログ、アフィリエイト etc、、、

最短で稼ぐことを考えると転売から情報発信、そしてコンテンツ販売へ。
と言われていますが、今回お伝えしたいのはそういうことではなく。

「ビジネスマンとしての在り方」

ここをしっかり意識して活動することが成功には不可欠だという話です。

ネットビジネスは、やはりビジネスとしての認識が甘くなる傾向にあります。
どこか舐めているような言動をする人は多い。

このコンテンツで印象的だったのは
「自分が何もしないのに相手に期待するな」という話で、
無意識のうちにクレクレな態度になっていることへ警鐘を鳴らしています。

そういう姿勢でビジネスに取り組んでいる人間が成功するわけがないと。

ぶっちゃけ、上の例で最終地点にあたるコンテンツ販売までいっても
成功したとは言い難い人も当然、存在しています。

それを痛いほど見てきた三浦さんだからこそ言葉に重みがある。

実際に三浦さんの指導では「ギブ&テイクとか要らない」と言われます。

これ、どういう意味かわかりますかー?

そうです、ギブ&テイクなんて言ってないで盗みまくれと。
成功したいなら「TAKE」だけで良いって話。

・・・いま、なるほどーと思ったなら要注意っす!

(ていうか明らかに文脈がおかしいか、、汗)

勘の良い方はお気付きの通り、逆です。

「GIVE & GIVE & GIVE」

つまり、見返りなんて気にする暇があったら与えまくれと。

三浦さんのコミュニティ=BECに素敵な人が多いのは、
こういう教えが徹底されているからだと思う。

いくら稼ぎが大きいプレイヤーでも、人としてなっていなければ三浦さんにガツン!と叱られるし、そんなことでコミュニティの序列は決まらない。

こういう精神は絶対にあるべきだと思うんです。

BECに入って変わったことは?と聞かれたら実績はもちろんのこと
「ネットビジネスが本当の意味でビジネスになった」と答えます。

以前はどこかでそういう気持ちが抜けていました。

たとえば、外注費をかけたくないとか。

個人で完結できるのがネットビジネスの強みではあるけど
外注化、というか自分一人ではいつか仕事が回らなくなるのは当然。

不可欠なコトを直視しないというのは
ビジネスへの取り組みが甘いと言われても反論しようがないです。

よく耳にするけど、出来ない理由が「副業だから、、」とかは論外だ。

すこし脱線しましたが

この業界で成功するには、いかに「ビジネスマンとして」を考えられるか。
ネットビジネスだからいっか、じゃないんです。

GIVEの精神を持つこと。

大切にして、真摯に取り組んでいきましょう!

———-
井上直哉公式メールマガジン
無料登録は⇒こちら
———-

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする