BEC Onlineのステップメールから気付くこと。

こんばんは!井上直哉です。

BEC Online Schoolが開講されて約3週間が過ぎ、
BEC3.5期のチャットも相変わらず賑やかでございます。

メンバーのアウトプットがしっかり自分のジャンルに落とし込まれていて、すごく良い感じ。

で、今日はコンテンツ以外の気付きを書いてみようかなと・・

実は、メンバーそれぞれで今日届くメールが違うんです。

セールス初日に買った人と最終日に買った人ではスタートのタイミングが違うので、
全員が毎朝同じコンテンツをアウトプットしているわけではありません。

なのですが、、これが結構イイ!

お互いのアウトプットを見て予習・復習が出来るというか、
イイ感じに相乗効果になってるんですよね~

やる前はちょっとタイミングがズレるのをどうしよう、とか思っていたけど
まったく気にするポイントではありませんでした。

なぜこれを今日書きたかったかというと、
やる前に心配しすぎるのは意味を成さないなーと。

最近、そう強く感じているからです。

何でもそうだと思うのですが、やる前って何かと不安じゃないですか。
トラブルに対してのシミュレーションをしたりする。

これ、めちゃめちゃ大事だと思います。
ただの猪突猛進ではいけない。

ただ、石橋を叩きすぎるのもダメだと思うんです。

冒頭でお話ししたメールのタイミングなんかはその最たる例で、
心配するに値しなかったんですよね、スタートしてみれば。

むしろ、こうなってくると、全員が1日ズレていても面白かったかも!
なんて感じてしまっているわけで。

そもそも、やる前から不安がゼロなんてことはほとんどない。

「まずやってみる」

この意識もすごく大切だと思います。

そう考えたら面白い構図も見えてきて、
やらない人ほど常に不安を口にしているんですよね。

やった人間は1つ壁を越えている。

(次の壁がすぐ待っているがw)

迷ったらスタートさせてしまう意識を持って、
パワフルに活動していきたいと思います!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする