目先のことだけじゃないのがBEC On-line School。

こんばんは!井上直哉です。

今朝のBEC On-line Schoolで届いたコンテンツは
「落とし穴」についてでした。

他人の案件を紹介することが一番マネタイズしやすい入口だけど
それをすることによって生じる「落とし穴」とは。

結論から言うと、そのリスクは読者様がそっちに惹かれてしまうこと。

つまり、「リストを抜かれる」というヤツですね。

そうならないためにはどうするか?
どうやって情報発信で生きていくか?

というのが本題だったのですが、
さすが情報発信の第一人者である三浦孝偉さん。

納得せざるを得ないレベルのコンテンツで腹落ちしました。

ていうか、たぶんこのテーマは常に考えまくっているのだと思います。

僕ももっと向き合える要素があると実感。

で、このコンテンツとは直接関係ないことになるけれど
メルマガの文中にあった一文を今日のブログのテーマにします。

「長い目で見て絶対に感謝される」

メルマガでも記事にしてみたけど、こっちでも書きたい 笑

目の前のことにとらわれ過ぎると大事なモノを見落とす。

これは本当にあると思っていて
僕がいま情報発信をしていられる要因の一つでもあるんです。

というのも、メルマガを開始して初めてコンサルを売ったとき

僕は3万円と5万円で募集しました。

ざっくり言うと対面の有無が価格差になっているわけですが
これを仮に10万円で販売していたら今の僕はありません。

変な言い方になりますが、
10万円で販売したとしてもそれなりに売れたと思います。

全員がっつりマンツーマンでやります!みたいな。

それこそ、当時からせどりのコンサル企画は30万円が妥当だった。

「あまり安売りしない方が良いよー」

と周りからも言われました。

確かにこれは納得で、
変に安売りする必要はまったくなかったんですね。

だけども、僕にとっても「投資」だったんです、この企画自体が。

収益を最大化させることは当然目標になるけど
それ以上に、こっちも教えることを勉強しなければイカン。

低価格で打ち出した故に多くの人に参加してもらうことができて
指導者としての「経験値」を僕は儲けました。

「お金」じゃなくて「経験値」を儲けました。

そのときのメンバーには今も繋がっていられる人がたくさんいるし

「情報発信で稼ぐって簡単じゃねえな~」

ということを肌で実感できたのは本当にデカイ。

金額を大きくして簡単に稼げてたら絶対に

「なんだ、情報発信、ちょっとやれば行けんじゃん!」

という勘違い野郎になって沈んでたと思います。

いま収益を最大化させることは大事です。
当然ベストを尽くします。

だけどそれが一過性のモノであるなら僕は嫌だ。

先のことなんて誰にもわからないけど、
稼ぎ続けていくためには行き当たりばったりはダメなんです。

こと情報発信に関しては

「長い目で見て感謝される」

そういう発信者でありたいと、
三浦さんの背中を見て育った僕はそう思います。

ということで、

指導者としてもBEC On-line School受講中の3.5期メンバーには
口酸っぱくうるさいことを言い続けたいと思います。

・・なんかちょっと強引だけど言いたいことを言って締めた!w

それではまた!

———-
井上直哉公式メールマガジン
無料登録は⇒こちら
———-

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする