情報発信のキャラ設定【BEC On-line School】

こんばんは!井上直哉です。

ここのところ更新頻度が落ちてしまっていました…スイマセン。
また気合入れ直していきますんで、よろしくです!

さて、本日のBEC On-line Schoolは「キャラクター設定」について。
情報発信をする上で、ものすごく重要なテーマですね。

キャラ設定と聞いて架空の人物を作り上げるのが一番マズイということで
ある芸能人の例が挙げられていましたが、

確かに彼女はキャラで破綻していた…

それを捨ててからの方が随分とイキイキしているように見えます。

ただ、キャラ設定はすぐに決められるものではないと。

これは本当にその通りだなと思いました。

情報発信を始める前に自分で決めたキャラクターはあったとしても
実際に発信してみて気付くことは多々あるし、

「思ってたのとなんか違う!」なんてこともドンドン出てくる。

もっと伝えたいことは他にあるのに、反応が良いことを言ってみたり。

僕にとってこれは転売の「コレ売れました」だったりします。

転売の発信において売れた商品のシェアはある意味で鉄板で、
リンクを貼ったときの反応もすごく良い。

クリック率が高いと読まれていることを実感し、またやりたくなる。。

別に悪いことではないです、
自分が初心者の頃はそれが楽しみだったりもした。

だけどそれと同時に、
掲載された商品を追ったけど稼げなかったという事実があります。

だから自分は違う発信をしようと決めていたのに、気が付いたら…

こういうことって、発信をしているとよくある気がします。

嘘で塗り固めていくと続かないというのも本当にその通り。
マジで難しいんですよね、キャラ設定は。

それに対して三浦孝偉さんはメルマガの中で、これが大切だと。

「都度、人の意見を聞き、アップデートし続けること」

なるほどなーーー

超納得。

確かに人から意見をもらうというのが、一番有効な対処法だ。

自分が意図していることと周囲の受けている印象が一致していないって
往々にして起こり得るんですよ、実際。

だからこそ意見を聞き入れて都度アップデートするしかない。

そういう意味で僕は、三浦さんに何度も助けられてきました。

「なんか最近、その話ばっかり目立つ」
「単純転売で終わる発信者なら先はない」

それこそ挙げだせばキリがないくらいに。

でもこういう指導であったり、意見をもらえるのって幸せです。

なんか勝手に否定された気になって落ち込む人もいるけど
ただ自分の視点だけで成功できるほど発信は簡単じゃないので。

いろいろ試したうえで、人の意見を聞く。

情報発信で迷路に入り込んだときにはぜひやってみてください。

僕も意識して取り組んで、強い発信者を目指していきます!

———-
井上直哉公式メールマガジン
無料登録は⇒こちら
———-

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする