BEC On-line Schoolの半年間は超短い。

こんばんは!井上直哉です。

BEC On-line Schoolも残すところあと75日となりました。
開始からすでに100日以上が経過したってことですよね…

180日間頑張ろう!とか言っていたのが懐かしいです。

しかし100日前と比べて、色んなことが変化しているから面白い。

BOSに参加したことから始まって、
自分に負荷をかけなければまずあり得なかった結果が今。

自分は逃げたくないと、改めて強く思います。

そんなタイミングで、今朝のメルマガは抉られるテーマでした。

「グチグチ悩んでいる奴は暇だ」

あーだこーだ言っている人は結局のところ暇なんだという話。

ここで冒頭の話と繋がっていくわけですが、、、

僕の場合、100日前よりも今の方が圧倒的に仕事量が多いです。

マジで今が正念場。

だけど

仕事量が多い=大変

とはちょっと違って、負荷がかかりまくっている分、
のらりくらり歩いているより確実に成長に繋がっていると言えます。

悩んでいる暇とか、無い。

そんなことしてたら全部間に合わない。

こういう経験をしたことはBEC期間中にもあったし、
そのときには「これが限界!」と思いながらやっていました。

だけども、やっぱり、まだ先があった。

当時に比べてキャパが広がったと感じます。

限界値が上がっているということは、まだまだ伸びしろがあるということ。

こういう攻めどきにやりきれない人間に成功なんてないので、
無駄なことを考える暇があったら全力で飛ばしていきたいと思います。

BEC On-line Schoolのメルマガには
三浦孝偉さんからのメッセージとして次のような記載がありました。

「半年間なにかを続けられる人は、誰しも成功する」

これは指導者として数百人以上見てきた三浦さんが言うわけだから間違いない。

だとしたら、やってみる以外に選択肢はなくないでしょうか。

180日を長いと取るか短いと取るかは人によって違いますが僕としては

「始める前は長いけど、終わってみると超短い」です。

ラーメン屋も美容師も何年も修業してようやく独り立ちできる。

それに比べたら、たかが半年頑張れないで何を言ってんだ?という話ですよね。

ラーメン屋の店主に怒られちゃう 笑

四の五の言わず今できることに拘って、今日も頑張っていきますぜ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする