情報発信スタートの初心に戻る。

こんばんは!井上直哉です。

BEC On-line School本日は、「初心に戻る」。

実際にブログをこれから立ち上げる人も多い今のタイミングだからこそ、
このコンテンツが選ばれたのだと思います。

ご存知の方は多いかもしれませんが、
BOSを立ち上げる際に180日間の流れは大枠で決まっておりました。

最初はこうで、次にこうで、最後はこんな感じに、、、

でも蓋を開けてみるとどうか?

もう、ほぼほぼ新しい道のりに変更されております 笑

予定調和よりもリアルを意識するのが
すごく三浦さんらしいです。

実際に、書き置きしておいた方が何倍も楽なのに
この前お話を伺ったところ、今はそれをしていないとのこと。

ストックが無い180日間、、重たい!笑

参加者のアウトプットがリアルタイムで飛んできたりするのも
こういう裏側があったりします。

というのは話すと長いので置いておいて、、、

情報発信の基本ということで本日のコンテンツが届いたわけですが、
そのなかで印象的だったのがこのフレーズ。

「正論は新聞やヤフーニュースに任せましょう」

これです。

個人として発信していく以上、
正解だけを言うことが求められているわけではない。

むしろ逆で、その人ならではの視点・想いがなければ
僕たち個人が情報発信をする意味はないです。

これを聞いて改めて、自分の色を出していきたいと感じた。

というのも、
これまで読者様から返信などの反応を頂けた時を思い返すと
一度もないんです、「正しいこと」を言ったときが。

僕がやってみて感じたこと、実際に今思っていること

そういう発信こそが届いている。

情報発信って言うと「凄い人」じゃないといけないイメージがありますが
僕はスタート時にはそうじゃなくても良いと思ってます。

自分が始めたときに凄かったかというと、そうでもない。

実績があった方が良いのは間違いないけど
格好良い自分を演じ過ぎてそれがつらくなる人も多いのが現状。

それよりも三浦さんの提唱する

「等身大」

が、一番発信者として大切なことなのだと感じます。

発信者は走り続けないということを肝に銘じて
等身大を大きくすべく、活動を続けていきたいと思います。

新聞の記事は要らない。

意識して、頑張っていきましょう!

———-
井上直哉公式メールマガジン
無料登録は⇒こちら
———-

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする