最新情報が無いと悲惨なことになる。

こんばんは!井上直哉です。

ここ数日BOS(BEC On-line School)で魅せる力について学んできましたが、
こういう話を聞いて勘違いしがちなのが「嘘をつく」こと。

自分を凄い人として打ち出していくために
嘘をついてしまっては何も残りません。

実はこれに関しては先日、三浦孝偉さんの事務所にお邪魔した際に
すごく良い話を聞かせてもらったのでシェアします。

インターネットビジネスをやっていて
稼げる人と稼げない人がどうしても分かれるように、

情報発信を始めてからも二極化するケースがあると。

何だと思われますか?

情報発信で稼げる人と、稼げない人。

これも正解ではあるのですが
今日のブログ記事でお伝えしたいことは別にあります。

結論から言うと

「病む人」と「病まない人」

この二極化についての話を三浦さんから聞きました。

これはBOSで学んでいる魅せ方の話とも密接な関わりがあって、
虚像をつくってそれを演じていると心が病んでしまうんだそうです。

そりゃあそうだ。

ぼくも今はまだ、

「毎月1000万円稼いでいます」

というブランディングは出来ません。

これは魅せ方じゃなくてただの嘘。

そうやって嘘をつくところから何が起きるかというと、
実際の自分とネット上で演じている自分のギャップが大きくなり
心が追いつかなくなってしまう。

そうやって破滅していく情報発信者は少なくないという話でした。

うん……

当たり前のように聞こえるけど、
本質をとらえていないと勘違いしてしまうのもわからなくはない。

BEC On-line Schoolのコンテンツで学んでいて良かったー!
と思うタイミングって、こういうときに結構多いんです。

せどりをしている人の中にも勘違いで痛い目を見ている人は多い。

たとえば
以前聞いた話では新品に対する認識が違う塾があった。

ざっくり言うと、中古で出すべき商品を新品で出すのが普通だったんですね。

おいおいそれはダメだろう。。。

その塾は当然、今はもう存在していませんが、
ブラックなやり方が横行していたことが
今のAmazon規制強化に繋がっていることは間違いありません。

(塾生はアカウントと共にいなくなっていった。。)

本物の情報がある環境に身を置かないと
せっかくの努力が水の泡と化す。

「最新の情報」

そして

「本物の情報」

それがあるからBEC On-line Schoolでは
受講生がドンドン結果を出していくということ。

転売で結果を出したければ転売を学ぶ。

もちろんそれが正しいですが、
果たしてそれだけで飛躍的に伸びるのか?

ぼくはそうとは言い切れません。

BOSで三浦孝偉さんから転売ノウハウなんて一度も聞いていないけど
ここで学んでから元々50万円くらいだった収益は倍以上になったから。

転売スキルを伸ばすのも良いけど
「ビジネススキル」にフォーカスすると一気にガツンと伸びます。

しかもみんなやらないからマジでチャンスしかない。

これを味わえる大逆転の企画を、今月メルマガで発表します。

ぼくもやっていたけどハッキリ言って、
重要なのは他の仕入ジャンルを探すことじゃないです。

転売で伸び悩んでいる方

副業が上手くいっていない方

自分の手で稼いで人生を変えたい方

ぜひ下記のフォームからご登録ください。

ではでは!

———-
井上直哉公式メールマガジン
無料登録は⇒こちら
———-

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする