転売ネタ一本ではつまらないと気付いた競合分析。

こんばんは!井上直哉です。

ここまでマーケティングを学んできましたが、
本日の講義では「競合分析」の動画コンテンツでした。

お客様視点

商品視点

そして次は、

競合を意識すること。

発信者は読者様に対して、自分が何を出来るのかを考えます。

・転売の売れる商品情報を流すのが良いかな
・Amazonから規約変更が来たのをいち早く教えるのが大事かな

・いや、そもそも転売ネタは飽きてる人が多いな

一番下はぼくが最終的に行きついたところなのですが

三浦孝偉さんの「たくさんメルマガを読め」には
競合分析のマーケティング視点が入っていたということですね。

そもそも人のメルマガを読んでいないと、
自分が入れるスキマは見つけられないですから。

自分×お客様 じゃなくて

自分×お客様×競合 の意識を持つこと。

そうすることで自然と戦略は変わっていく、と。

これは三浦さんから投げられた大きなヒントに感じました。

BEC On-line Schoolの2期がスタートするということで
今ぼくはその特典を練っています。

もうある程度の構想は決まってあとは詰めていくのみ!
という段階ですが、

こういうときって悩んでドツボにハマるのは、
大体が自分のことしか考えていないときだったりする。

「おのずと戦略が変わってくる」

という言葉をもう一度深掘りして、
より良いご提案に仕上げようと思います。

少し話を戻しますが、、

「たくさんメルマガを読むこと」が重要だと言われたときに
そのまま実行する人って少ないと思うんですね。

だけど、マーケティングの思考を学ぶと腑に落ちたりする。

こういうことって往々にして起こり得るから、
「だったら最初から素直に聞こう」というのがぼくの結論です。

「三浦さん、それやったらどれだけ稼げますか?」

じゃなくてまずはやってみて、
その中で出てきたことを質問した方が絶対に速い。

成長スピードが速い人は素直だとよく言われるし
もう聞き飽きたような部分もあるかもしれないけど、

紐解いていけば成功する人の本質なんてそんなに変わりません。

それを説いていく指導者としての在り方も
またひとつ考えさせられるコンテンツでした。

BEC On-line Schoolは本当に面白い。

つまらなかったら、こんなにブログ書けませんw

BOS2期、、

「稼ぎ続ける力」を磨く、
業界最高峰のコンテンツを楽しみにしていてください。

ではでは!

———-
井上直哉公式メールマガジン
無料登録は⇒こちら
———-

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする