情報発信をやめる理由のダントツ1位は?

こんばんは!井上直哉です。

BEC On-line Schoolも残すところ20日ほどとなり
今朝のメールでは原点に戻るともいえるメッセージがありました。

それは

「アウトプット」

学んだ知識を文字にして発信する。
行動に移して実践する。

これが最強だと。

発信をしていれば、アウトプットすることがお金に変わる。

何としてもこのサイクルには入らなければいけないと感じます。

BEC On-line Schoolでは無尽蔵に
コンテンツが特設サイトに設置されています。

それが何を意味するかというと、
いつでもネタを引っ張ってこれるということ。

すこし唐突ですが、、
情報発信をスタートしても続かない理由って何だと思いますか?

ぼくがこれまでに見てきた中では断トツで

「書くネタがない」でした。

止めていく人は、みんなそうやって言う。

ネタが無いから書けない。

書けない(書かない)と当然、文章は上手になりません。

BOSで情報発信を学ぶメリットはここにもあると思っていて、
発信できない理由がいきなりひとつ潰されているんですね。

コンテンツを視聴すれば、それがネタになるから。
この流れは、すごく理にかなっていると思います。

転売から情報発信へ進みたい、情報発信をしたい人って多いんです。

だけど、これから始めるという人が
単に実績推しで行っても勝てないんです。

そこはズラしが必要であって、
そのために欠かせないのが「個性」だったりする。

自分が思っているだけじゃ個性って生まれなくて、
外に出して初めて気付くことが山ほどあります。

そのアウトプットの場をBEC3.5期では設けてきたから、
実績者をたくさん出すことが出来たのだと思う。

転売の実績だけじゃない自分の個性。

情報発信をスタートするうえで絶対に必要なことだと思うので
ぜひ大事にしていってください。

PS

コミュニティメンバーが「温泉せどらー」として
情報発信を始めようとしましたが、ソッコーで却下しました。

個性とか自分の色って、そういうことじゃない。

たぶん彼は、
あのときのぼくのディレクションに感謝していると思います 笑

———-
井上直哉公式メールマガジン
無料登録は⇒こちら
———-

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする