BOSの学び 一番モテる男になる!

こんばんは!井上直哉です。

突然ですが、一番モテる男はどんなでしょうか?

BEC On-line Schoolでは明確に

「押しが強い男」

だと定義されていました。

ここで統計学的なデータも調べている緻密さが
三浦孝偉さんらしいと思った。

三浦さんのコンテンツはエンタメ要素も含みつつ、
しっかりとベースには専門知識がぎっしり詰まっています。

それは良いとして、、

押しが強いって本当に大事だなと。

「ここ一番で押せるかどうか?」

思い返してみればアパレルのときは、
接客の際にどこか押し切れなかった経験がある。

その理由としては、自信が無かったんです。

商品にも、自分の提案にも。

そのくせ隣の店で買われるとイラつく、みたいな 苦笑

回想しての気付きとしては
甘かったんですよね、提案することへの準備が。

自分がもっとブランドの良さを知っていたら、
自分がもっと商品の魅力を勉強していたら、

そういう積み重ねが提案する際の大切な要素になるのだと感じました。

自信を持て!

って、いきなり言われたところで無理。

それまでの取り組みが徐々に実を結ぶのだと思います。

少し話がそれましたが、、

押しの強さって、いくら語気を強めたところで意味が無いと思います。

それまで積み重ねてきたものが節々に出る。

三浦さんが常に自信を持って発信できるのも、
それまでに誰よりも発信してきたという事実から来ているのだと思います。

付け焼き刃ではない強さがそこにあるから、人は動く。

ぼくもこの半年間、BEC On-line Schoolを最高に楽しんできました。

BEC3.5期のメンバーたちと、
インプットとアウトプットを繰り返して血肉にしてきました。

そして実績=結果も出した。

だから自信を持って押せる。

というか、
セールスについての実践的なノウハウって他には無いんですよね…

情報発信において必要なものはすべてBOSで学べる。

改めてそんなことを思いました。

あと半月!学びまくるぞ!!

———-
井上直哉公式メールマガジン
無料登録は⇒こちら
———-

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする