リピーターが多いコミュニティとは?

こんばんは!井上直哉です。

本日はコミュニティ運営のキモの部分を。

ここが出来ていれば良いコミュニティになるし、
ぼく自身、今もこれからも意識し続けていきたい部分です。

早速まいりましょう!

結論から言います。

「リーダーが一番行動すること」

三浦孝偉さんの動画コンテンツで学んだことですが、
これは半永久的に活かせるスキルだと思います。

講義のなかではこんな言葉がありました。

・リーダーが一番すべるべき
・リーダーが一番発言するべき

そして

・相手に求めない

かなり核心をついていると思うのですが、、

「質問も来ないし発言も無いと、やりようがありません。」

みたいなことになっているコミュニティは多いです。

これは運営者=リーダーが甘いぞと。

レスポンスが無いから止める、という姿勢自体がそもそも違う。

そんな話がありました。

これは本当にその通りだと思っていて、
チャットで発言しなかったとしても見ていることは十分にあり得ます。

というか、副業の方の場合はチャットの既読を確認することが優先されて
発言したくても出来ないケースも考えられる。

とにかく、一番発言すべきなのはリーダーだというのが
ぼくはすごく腑に落ちました。

(ここに「一番すべるべき」があるユーモアが、三浦さんらしい 笑)

そして、リーダーが一番行動することには
「共に成長する」という意味合いも含まれていました。

コミュニティのメンバーに成長してもらうために頑張るわけですが、
自分自身の成長が止まっていたら伝えられることが無くなってしまう。

プレイヤーとして走る重要性を、三浦さんは体現してくれています。

ぼくはBEC On-line Schoolを販売した際のコミュニティで
7月からBEC3.5期を始動しましたが、

正直、これだけのメンバーが集まってくれたことに
内心満足してしまった時期がありました。

ただあのまま進んでいたら間違いなく先は無かったと思うし、
事実、転売系の塾にリピートが全然ない理由もここにあったりします。

教える側に立ったら急に歩みを止めてしまったり。

リーダーが走っていないと、もっと学びたいとはならない。

そう考えたら、BECにリピーターが多かったのも納得な感じがしますね!

リーダーが一番仕事をすること。

意識して、ぼくもまだまだ上を目指して頑張っていきたいと思います。

ラストスパート、、やるぞ!!

———-
井上直哉公式メールマガジン
無料登録は⇒こちら
———-

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする