コミュニティは大規模に限る!?

こんばんは!井上直哉です。

BOS(BEC On-line School)で学ぶコミュニティ運営法。
ここ数日この話題で来ましたが、それだけ重要なテーマだということ。

180日間のメールで流れてくる頻度によっても、
三浦孝偉さんの意図がわかるところもBOSの楽しみ方の1つです!

で、今朝のメールにはこんな記載がありました。

ーーーー
別に規模なんてどうでもいい。
ーーーー

コミュニティと聞くと大規模なモノを浮かべがちですが、
別に大きいから凄いということはありません。

実際に三浦さんは、濃い指導をやるために人数制限を設けている。

売上をMAXにすることだけを考えたら、
こういう発想にはならないことは言うまでもないですよね?

それは良いとして、、

コミュニティって本当に良いなと、今年一年でまた強く思いました。

想いや志が同じ人たちと切磋琢磨できるのは、
この上ない贅沢です。

人は独りでは生きていけない。

副業でインターネットビジネスを始めたときは
誰とも交わらずに完結できるのが魅力でした。

(会社にバレないのが最優先だった 苦笑)

だけどやっぱり、独りでは頑張れないんです。

人間そんなに強くない。

誰も見てくれない、誰とも関わりのないなか、
黙々と365日走り続けるなんてぼくには出来ません。

それこそ、規模なんてどうでも良くて、
近しい人が頑張っているのを見て自分もまた走れたりするんです。

だからこそ思います。

このブログを読んでくれたあなた。

これもなにかの縁なので、
ぜひ自分のコミュニティをつくってください。

それで救われる人は沢山いるし、なにより自分が成長できる。

100万円稼いでないと出来ないとか無いです。
100人集めないと出来ないとかも無いです。

最近思いますが、素敵なコミュニティを創れる人って、
絶対に「情報発信力」が高いんです。

三浦孝偉さんがその最たる例。

情報発信にはビジネスのすべてが詰まっているというのも、
こういう事例を考えると完全に納得できます。

しかもこれはネットビジネスだけじゃなくて、一生使えるスキルですから。

BEC On-line Schoolで情報発信力を磨くこと。

マジでこれがビジネスで大きく成功・成長するための近道だと思います。

———-
井上直哉公式メールマガジン
無料登録は⇒こちら
———-

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする