転売リサーチが上手くいかないときの心構え。

こんばんは!井上直哉です。

今朝のBOSコンテンツは音声だったのですが、
その中で副業への取り組み方についてのノウハウがありました。

「今日は頑張れそうだから気合入れてやるぞ!」

「今日はちょっとダルイから軽めで」

なんて感じで、徐々に後者の比率が多くなって作業時間が減り、
もちろん成果も出ずにそのままフェードアウトしていく。

こういう事例が多いです、インターネットビジネス業界は。

特に転売でも最初からリサーチが上手くいくわけもなく、
そこで「やっぱり稼げねえじゃん」となる人は沢山います。

僕もそうなりかけたから、気持ちはめちゃめちゃわかるw

ただ、そういうときいかに愚直に続けられるかが勝負を分けます。

そんなタイミングで意識するべきは、、
「それ以上も以下もやらない」ということだと。

決めた数以上は頑張らない。

そのかわり、決めた数は何があってもこなす。

これ、本当に効果的なので、
もし普段の作業量にブレがある場合はぜひ実践してみてください!

僕は野球部時代、よく仲間と朝練をしていました。

筋トレやらティーバッティングやら早朝から励んでいたわけですが、
日によっては身体がキレキレでものすごい数をこなすんですね。

本当に気分は爽快になり、成長した感も出ます。

ただ、これが尾を引いてしまうんです。

「昨日頑張ったから今日はこれくらいで」

なんてことが1日じゃなくなる。

張り切った数日以上に、軽く済ます日が増えて、
相対的に見たら練習時間が減ってしまうこともしばしば。

そんな経験があったからこそ、
BOSのコンテンツで三浦孝偉さんが言われていることはすごく腹落ちしました。

転売でも「量」をこなすステージは絶対に避けて通れないから、
「何品は毎日リサーチをする」というのを決めることがオススメです。

そうすることで売れるものが見つかるようになります。

・・じゃなくて、

「売れないモノがわかるようになります」

売れない商品のデータが自分の中に蓄積されていけば、
もうこっちのもんなので。

100リサーチして見つけた1点も大事ですが、
ダメだった99の方を重要視することでリサーチは加速すると思います。

ではでは、頑張ってまいりましょう!

———-
井上直哉公式メールマガジン
無料登録は⇒こちら
———-

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする