情報発信の王道ノウハウをまた読んでしまった。

こんばんは!井上直哉です。

情報発信をするうえで欠かせないのが読者様を増やすことです。

転売でAmazonやメルカリを利用する場合は
その時点で集客力がある場所へ出品することになりますが、
情報発信の場合は、そうはいかないわけで。

毎日誰も読んでくれないところへ発信するわけにはいかないから、
自分で集めるしかない。

その方法についてのコンテンツがBEC On-line Schoolでは届けられました。

つくづく感じさせられますが、ノウハウも然り、
「有料」か「無料」に分かれます。

読者を増やすためにも、
お金をかけて広告を回すか地道に無料でできる作業をこなすか?

号外広告に10~30万円を毎回かけられる人とそうでない人では戦い方も違う。

ここをお金だけに頼らず「量」で圧倒した三浦さんは本当に凄いです。

自分の仕事量がまだまだ足りないことを改めて実感しました。

三浦さんは1日5記事書いていた時期があって今に至るわけで、
僕もメルマガを毎日書いてるからオーケーとか無いぞと。

甘ちゃんを卒業するべく、ブログとFacebookも頑張っていきますぜ!

良かったら友達になりましょう 笑

⇒ 井上直哉Facebookページ
今日のBOSコンテンツもそうですが、
情報発信について見直さなければいけないと思ったときに
僕は立ち戻る場所が決まっています。

実際にこのブログ記事を書く前にも、それを読みました。

「それ=土台となる最強の王道ノウハウ」を持っていないから、
転売から情報発信へ進む人はなかなか続かないような気がします。

事実として、僕がネットビジネス業界を知ってから、
ずっとメルマガやブログで発信を続けている人は本当に少ない。

逆に言うと、未だに発信している方々は大体が凄い人たちばかりだ。

転売から情報発信へ進むルートは
今、がら空きだと有力者たちの間では言われています。

ここを攻めない手はない。

まったくジャンルは違うけれど
キングコングの西野さんも情報発信に強いからあんなに凄い。

(もはや完全にカリスマだ)

あなたもなにか感じるモノがあれば、ぜひ始めましょう!

今の時代に情報発信を攻めない手はないです。

———-
井上直哉公式メールマガジン
無料登録は⇒こちら
———-

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする