意図的に優良情報を公開する意味。

こんばんは!井上直哉です。

本日のBEC On-line Schoolでは
「情報のレベル」というコンテンツが届きました。

■ 日刊メルマガ読者さま

■ 購入者さま

■ コミュニティメンバー

と、こういう感じで、得られる情報は異なるという話。

教材を購入した、コミュニティに参加した、
当然ながら有料と無料では違うわけですが

三浦孝偉さんは提供する情報の価値を振り分けていると。

その中で勉強になったのが、

「本来はお金を払わなければいけない情報を意図的に取り入れている」
ということ。

コミュニティにシェアした投稿や実際に指導した際のコンテンツなどを、
時には日刊メルマガでも展開したり、ですね。

下手なプレゼントをあげるよりも効果的だとありました。

確かに、実際にコミュニティではどんなことが行われているのか?

参加していなければすごく気になるし、
それに触れられることで満足度が格段に上がります。

発信者として有益な情報を提供するのはもちろん、
こういった絶妙なバランス感覚が大事なのだと感じました。

更に言うと、
指導をするとコミュニティメンバーばかり見がちになる。

この問題点を解消する狙いも含まれているということで、
新規集客への意識が常に張られているんですよね。

「稼ぎ続ける」って口では簡単に言うけど、
こういう取り組みや思考のひとつひとつが自分には全然足りなかったです。

三浦さんのコミュニティやコンテンツは質が高いために
リピーターが多いことで有名ですが、

それ以上に新しいお客様も常に入ってきている。

だから常にアフィリエイトの成約率が桁外れな数字になるわけですが
結果だけを見て「すげえ」ではなくて、

そのために何を考えて、どう価値を提供するか?
情報発信をしていく上で自分ももっと考えるべきことがある。

現状分析から、改善へのアクション。

頭を使っているようで思考量が足りなかった現状に気付いたので、
今一度考えて、僕も頑張っていきたいと思います!

———-
井上直哉公式メールマガジン
無料登録は⇒こちら
———-

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする