差別化=稼ぎ続ける=インプット&アウトプット。

こんばんは!井上直哉です。

BOSではインプットとアウトプットの重要性が説かれていて、
これを止めたら個人事業主は瀕死状態に陥るというフレーズがありました。

突き詰めていくと、新しい知識と経験だけが武器になる。

これはちょっと考えてみればわかることで、インターネットビジネス業界では同じようなノウハウを実践している人(ライバル)たちがゴロゴロいます。

転売は特に、その最たる例とも言えますね。

もう気付いていると思いますが、
実際のところ目新しいノウハウなんてそうそう出てこない。

そこから一歩抜け出すためには確実に「差別化」が必要になります。

僕の最近の場合で言うと購入者のリピートがかなり増えてきたので
これはノウハウとして確立したいと思っていますが、、

やはり真似しようとしても出来ないレベルまで行くと最強だと思っていて、
その点、情報発信は物凄くわかりやすいです。

たとえばメルマガ。

三浦孝偉さんの文章力が欲しいと思ったところで、
同じようなメルマガは書けません。

完全勝利の構図ですね、これほど明確な差別化はない。

それも発信の、そして思考の「量」で圧倒しているわけですが、
差別化を狙うというのはイコール「稼ぎ続ける」ことに直結すると思います。

つまり、稼ぎ続けるためには、
絶えずインプット&アウトプットを繰り返すしかないという裏付け。

もう、ここからは逃げられないですね。

新しい情報をインプットするには教材や塾、セミナーへの投資があると思いますが、
これも同じようなモノばかり取っていてもダメ。

最初はもちろん稼ぐためのノウハウを行くとして、
成長段階で転売系のノウハウばかり漁っていてもまったく機能しません。

反対に自分が知らないこと、ぶっちゃけどうでも良いと思うようなことに
手を出してみることが一番手っ取り早く自分の幅を広げます。

せっかく情報に触れるのだから、多方面からを意識していきたいですね!

・・でも、そう考えるとBEC On-line Schoolの講座は本当に有難い。

物販だけとか情報発信だけとか、そういうモノじゃなくて、
ビジネス全般にダイレクトに活かせるスキルが身に付きます。

BOS受講者が次々と結果を出す要因も、気合論とは関係なく外側にある。

2017年下半期もそうだったけど180日間はあっという間なので。

1日1日を大切にして、精進していきたいと思います。

———-
井上直哉公式メールマガジン
無料登録は⇒こちら
———-

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする