情報発信に興味がなくてもやるべきこと。

こんばんは!井上直哉です。

本日届いたメルマガではBOS受講生のアウトプットが掲載されていて、
その中にはこんな記載がありました。

ーーーーーー

自分の想いを言語化できる能力を磨いていく。

情報発信をする、しない関係なく、
これから生きていく上で必須の能力だと感じる講義でした。

ーーーーーー

この投稿のポイントは言うまでもなく
「情報発信をする、しない関係なく」ですね!

本当に、言語化するスキルって大事。

多分僕たちはいきなり食レポをやれと言われても
上手くできないと思います。

日本一美味しいラーメンを食べてもきっと、
「どう美味しいのか?」を言語化できない。

もしかしたら「オイシイ」も言えないんじゃないかと不安になりますが
これは慣れもあるだろうから徐々に上手くなっていくとして、、

コトバに出来ないものを文字にすることはまず不可能です。

日頃、なんとなく~という表現に終始してしまうのは
まさにそれで、自分でもよくわかっていない状態を指します。

この「なんとなく」が厄介すぎる。

なぜ副業を頑張ろうと決めたのに、疲れて寝てしまうんだろうか?

この理由をがっちり言語化して文字に落とせたとしたら、
その人は間違いなく稼げると思う。

視覚的に見て、改善策を練ることが出来ます。

でも文字に落とせないと結局、
頭の中でグルグルしているだけで自ら混乱してしまうんですよね。

書いたモノを目で見て気付くことが山ほどある。

僕もこうしてブログを書いたりメルマガを配信していることで、
自然と頭の中が整理されていることを実感しているし、

三浦孝偉さんもよく

「情報発信=メルマガアフィリエイトだけじゃない」
と言っています。

この言葉の真意はもっと深いけど、
情報発信を学ぶことはなにもメルマガを始めるだけじゃない。

(大抵そう教えられるから仕方ない部分もありますが)

で、ちょっと矛盾するかもしれないですが、、

情報発信をするかどうかは置いておいて、
ブログを書くのはすごく有効なのでぜひやってみてください。

今の自分の頭の中がモロに出てくるというのと、
書いて残しておくことがダイレクトに「資産」になっていきます。

ネットビジネスに取り組んでいるなら尚更。

同じところで躓く人が自分だけなわけが無いし、
同じ悩みを抱えて生きている人も絶対に一人じゃない。

そうすると「誰かの役に立つ」わけで、

・自分の頭の中が整理できる
・歩みがわかる&改善もしやすい
・人に貢献することができる

三方良し!ということになります。

PDCAサイクルとか小難しいことをやるのは、その後でも十分に間に合うので。

まずは「言語化」して「文字に落とす」こと。

BEC On-line Schoolのアウトプットから改めて気付きをもらい、
僕も言語化のスキルを磨くべく走りたいと思います!

———-
井上直哉公式メールマガジン
無料登録は⇒こちら
———-

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする