広告コピーにはビジネスのヒントが詰まりまくっている!?

こんばんは!井上直哉です。

本日は三浦孝偉さんの十八番である「広告コピー」の話。

名作を解説していく動画なのですが、
これがめちゃめちゃ勉強になる。

広告のキャッチコピーには、どういう意図が込められているのか?

知らないですし、
そもそも知ろうとしたことすらありませんでした。

こうやって自分の視野の外からの刺激を入れられるのが
BEC On-line Schoolの強みなんですよね。

自分が元々興味を持っていたり、既存の知識がある分野以外を学べる。

広告の話なんて関係ない!と思う方もいるでしょうが、
僕らも商品にはタイトルを付けますし、

情報発信をしていれば尚更このスキルが重要になるのは言うまでもありません。

一辺倒を脱するためにも、こういう知識を入れるぞ!

と意気込みつつ本日のコンテンツから1つ。

ーーーーーー

誰かを待つ時間。美味しいコーヒーがあれば、
誰かを想う時間になる。

ーーーーーー

・・素敵すぎる!

スターバックスのコピーなんですが、
センスに満ち溢れていますよね。

コーヒー大好きというわけではない僕も飲みたくなってしまうような。

ただ、三浦さん曰く、
これはスタバだから許されるとのコメントがありました。

そして、その後が秀逸。

「僕たちももっと、自分にしか書けないメッセージを!」

情報発信をしていく上での醍醐味ですし、
これが出来れば発信は成り立つということも言えると思います。

というのも、僕らは誰一人としてまったく同じ人生を歩んできた人はいません。

アパレル販売員で店長やマネージャーをやっている人は沢山いるけど、
リアルな金銭面の不安からネットビジネスに参入した人はどれだけいるのか?

「サラリーマン」や「主婦」と、
ひと口に言ったところで、それぞれ全然違う。

「俺なんか…」
「私なんて何にも…」

情報発信をしようとなると途端に自分に自信が持てないケースが多いですが、
あなただから出来ること・書けるメッセージって必ずあります。

日記でもブログでも何でも良いから、興味があれば一日も早くスタートさせてくださいね!

それにしても、キャッチコピーの話からネットビジネスという
いわば「自分のフィールド」に落とし込まれているコンテンツに感服しました。

この意識を持って目の前の事象と向き合っていけば、
世の中で起きていることがすべてビジネスのヒントになる。

BOSで学んでいることはBOSだけに止まらないということを再認識して、
今晩も頑張っていきたいと思います!

質の高い学びを受けられるのは、本当に面白いです。

———-
井上直哉公式メールマガジン
無料登録は⇒こちら
———-

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする