情報発信へ参入するのはもう遅い!?

こんばんは!井上直哉です。

本日はBEC On-line Schoolの醍醐味の部分。

こんなコンテンツが届きました。

「情報発信により短期間に熱く、ホットに現金化する方法」

やっぱり三浦孝偉さんからは情報発信の話を聞きたい 笑

となったときに、この動画の中でいきなり触れていたのが、
情報発信はまだまだチャンスがあるということ。

「今から始めても遅い」というのは何をスタートするときにも言われることで、
実際に僕がネットビジネスを始めた際にも「飽和」というキーワードが飛び交っていました。

多分2018年でも同じようなフレーズが消えることはないでしょう。

「仮想通貨はもう遅い」とか、既によく聞きますしね。

やっていないからわからないけど、多分そんなことはないのだと思う 笑

それはさておき

三浦さんが情報発信はまだまだチャンスが大きいというのは理由があって、
その一つが、マネタイズの中心は「メルマガ」であること。

少し抽象的なので噛み砕くと、、

「メールマガジン」って、始めるのが他の媒体と比べると面倒なんです。

アカウントを開設すれば即スタートできるというものではない。

といっても、

サーバーやメルマガスタンドの契約といったところだけど、
この「手間」がハードルを上げている。

つまり、人が面倒を感じる部分には稼げるチャンスが広がっていると。

僕もパソコンに強いわけではないので(というか弱いw)
自分がスタートするときには非常に苦労しました。

一度やってみれば何ともないのだけど…

こういうところで気持ちが折れる人も出てくるんだろうなというのはわかる。

でも、だからこそ稼げるチャンスなんですよね。

人が面倒に感じることを、自分は普通に出来るレベルへ持っていく。

どこまで行っても、
これが稼ぐための大きなキーワードだということを感じました。

・・しかしBOSのコンテンツは情報発信に強すぎる。

この動画を観て、発信スタートを決意した人もきっと多いハズです。

2018年もひと月が経過しようとしていますが、、僕も学び尽くしていきますぜ!

———-
井上直哉公式メールマガジン
無料登録は⇒こちら
———-

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする