稼ぎたいのに欲しがらない矛盾。

こんばんは!井上直哉です。

本日のBOSメルマガにはこんな記載がありました。

ーーーーーー
同じ目標・目的の仲間と繋がる素晴らしさ。
ーーーーーー

情報発信をするうえで、
三浦孝偉さんが稼ぎよりも大事にしていること。

これってすごく素敵だなと。

というのも、
ただ単にキレイゴトを言っているのとはわけが違うんですよね。

三浦さんも解雇後、「稼ぐこと」に拘って今があるということを言っていて、
実際にその頃の作業量を聞くと逃げ出したくなるような話だったりします。

(1日に5記事を毎日書いていたとか信じられない…)

でも、そういうステージがあって今の地位にたどり着いたというのは、
なんかすごく納得できる。

小手先のテクニックや、よく言うような「裏技」なんてものは皆無。

今の発信にものすごく深みがあるのも、
がむしゃらに稼ぐことに一点集中したからこそなんだと感じます。

そもそもの話、
ネットビジネスって稼ぎたくて始めるじゃないですか?

もっと稼ぎたい。

いや、もっと稼がないとヤバイ。

そんな想いから参入する人がほとんどだと思いますが、
意外と、「稼ぐ」ことに対して良くないイメージを抱いている人は多いです。

僕もそうだった。

いや、カネカネ言ってるのってダサくね?


稼いでいない人に限って、こういう思考だったりします。

欲しいくせにちゃんと欲しがらない矛盾。

自分自身もどこかで「スマートに稼ぐ」ことを考えていたことはあるから
感覚的にはすごくわかります。

ただ、そのスタンスってやっぱり中途半端だ。

稼ぐと決めたんなら本気で結果を出すために動く。

その先で見えるモノを知ってから、
また考えればいいんですよね。

インターネットビジネスに限らず「仲間」が謳われている場面は多いですが
本当の仲間は、真剣に打ち込んだ人間にしかつくれないと思います。

キレイゴトを並べただけの表層的な関係なら要らない。

素敵な繋がりを得るためにも、本気になってビジネスを。

僕も今一度、結果に拘って頑張っていきたいと思います!

———-
井上直哉公式メールマガジン
無料登録は⇒こちら
———-

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする