パソコンの前に良いアイディアは転がっていない。

こんばんは!井上直哉です。

軽く振り返ってみて頂きたいのですが、
ネットビジネスを始めてから休みってしっかり取れていますか?

ここは人それぞれかなり分かれる部分だと思っていて、
僕はONとOFFの切り替えがヘタクソなのであまり休めていない側です。

BECに在籍している期間中にも三浦孝偉さんから
「本気で遊ぶことも大事」だと何度も言われたことは記憶に新しいところ。

今朝のBOS(BEC On-line School)のコンテンツでも
「休むときはとことん休む」との記載があって、

継続するための術を色んな角度から解説している
三浦さんの視点は凄いなと改めて感じました。

それと同時に、

「ときには休む。とことん休む」

このフレーズに隠された狙いにも気付けたような気がしています。

というのも、

スマホの電源を切ってがっつり休んだとしても、
心のどこかでは気になっているんですね。

完全にビジネスのことが頭から抜けている、なんてことはほぼ皆無。

だったら、別の状況をつくりだすことからの気付きを得た方がプラスになる
というメッセージも含まれているのだと思います。

以前、アフィリエイトについて三浦さんから
コミュニティに音声コンテンツを頂いたことがありました。

そのときにあったフレーズの一つとして

「パソコンの前で延々と頭を抱えていても、
そのときの発想なんてたかが知れている」

というものがあったんですね。

煮詰まったときには別の視点を。

別の視点をつくるためには、
いつもと違う状況をつくり出すアプローチを。

とことん休もうとすると、

何か楽しいことをしたり考えたりして
新たな角度からのインプットが出来るから、

結果的にはそれが質の高いアウトプット=発信に繋がる。

確かに、パソコンとにらめっこしながら難しい顔をしているときほど
何も浮かばない不毛な時間って無いですw

休むのは悪いこと、というわけではない。

思考に柔軟性を持つためにも
別の角度からの刺激も大切にしていきましょう!

———-
井上直哉公式メールマガジン
無料登録は⇒こちら
———-

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする