コンテンツはいろんな角度から何度も。

こんばんは!井上直哉です。

BEC On-line Schoolで学んでいて感じることとして
「ひとつのテーマへの深さ」というのがあります。

これは活動をする上で意識していかなければいけないことだと
つくづく思うわけですが、、

■ひとつのテーマを深掘りする
■それをコンテンツにする

この一連の流れの重要性をまたすごく実感しました。

たとえば情報発信のステップメール。

今日届いたメルマガには、
これだけのテーマで4つの動画コンテンツが貼られていました。

なんかBOSだとこういうのが普通になっていて麻痺するけど 苦笑

ひとつのテーマでそんなに幾つもコンテンツを渡せるのか?と。

なんとなく1個つくったら満足しがちだけども、
大切なことは別の角度から何度も繰り返し伝えていくこと。

つくる側の視点として欠かせないモノだと思います。

自分が提供するコンテンツも、
もう少し細分化してシリーズ化するともっと伝わりやすいかもしれない。

三浦さんが情報発信の指導でもよく仰っていることに

「1回言ったくらいで伝わるわけがない」

というのがあります。

こっちは伝えたつもりだけども、
相手にとってはそれが十分ではないということ。

メルマガ読者様が全員、毎日欠かさず読んでくれているなんてのは思い上がりで、
時々チェックする人もいれば空いた時間にまとめて読む人もいます。

だからこそ、大切なことは何度も何度も繰り返し角度を変えて伝える。

その発信へのスタンスが
コンテンツ製作にもスライドできるんですよね。

「どうすれば相手にとって、より有益なのか?」

物販で販売する商品だろうと
自分がコンサルをするときだろうと

自分目線ではなく受け手側に立つところからヒントは得られる。

Win-Winを意識するとはよく言うけど、
ビジネスの原理原則として忘れないようにしていきたいですね。

一発で完結ではなく、点が幾つか揃って円になるイメージ。

早速コンテンツに落として、
コミュニティのメンバーにはガンガン稼いでもらおうと思います!

———-
井上直哉公式メールマガジン
無料登録は⇒こちら
———-

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする