小平奈緒選手の金メダルから感じたこと。

こんばんは!井上直哉です。

BOSメルマガの深夜便が届いたわけですが、
今日のお題はもちろん小平奈緒選手の金メダル!

リアルタイムで観ていたけど、テレビの前で本当に興奮しました。

日本が沸きましたね!小平選手おめでとうございます!

主将のジンクスも吹き飛ばす快走に胸が熱くなりました。

BEC On-line Schoolのメルマガでも触れられていたのですが、
今回の平昌オリンピックでは番狂わせのようなモノが少ないです。

獲るべき人がメダルを獲っている印象を受ける。

言い方を変えると、
地力の差がそのまま結果に表れているということ。

これ、凄くないですか?

実力者が実力の通りにオリンピックで勝っているって・・

表現が稚拙で恐縮ですが、ホント化け物だと思う。

ビジネスにおいてもそこを目指したいと感じました。

ネットビジネス業界ではよくあるんです、実力以上に稼げてしまうこと。

そんなに大したことないのにポンポンとコンサルが決まったり、
ちょっと稼げたことで実力以上の評価を得たり。

ビギナーズラックとは言いません。

そこまでたどり着くまでに少なからず努力はしている。

だけど、

ラッキーパンチは続かない。

これは僕も身をもって体験していることで、
「稼ぎ続ける」って口で言うほどそんなに甘くないんですね。

今はAmazonが昔より厳しくなったことに加え、空前の仮想通貨ブーム。

物販から離れていった人も多いと聞きます。

別に仮想通貨で稼ぐことを否定する気はないです、
むしろこれだけ騒がれているのに無関心な方がヤバイ。

おそらくスマホが出たときにも

「俺はそんなのは使わん」

と出遅れた人でしょう 笑

仮想通貨が誕生した背景とか、しっかり聞いてみると面白かった。

だけども、、です。

そういう稼ぎ方もあるけれども、
オリンピックの話と同様に僕は、

「稼ぐべくして稼いでいる」

そんな状態に自分を持っていきたいです。

まぐれじゃなく、ラッキーパンチじゃなく、実力。

そこを目指すのだとしたら、
地道に今やれること・やるべきことをこなしていく以外に無いんですよね。

変に雑音に振り回されることなく目の前のことを一生懸命にやろう。

小平奈緒選手の金メダルを観て、そんなことを思いました。

頑張るぞ!

———-
井上直哉公式メールマガジン
無料登録は⇒こちら
———-

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする