情報発信で凡人が勝つ方法。

「人よりも突出した才能やスキルが無いのならば

裸の発信で行こうぜ!」

です。

僕ら凡人が勝てるにはそれしかない。

・・・
・・・
・・・

こんばんは、井上直哉です。

本日のBOSメルマガで冒頭の記載がありました。

三浦さんの定時配信のメルマガを補足するような内容だったのですが、
想いが詰まりまくっていてガツンと来ました。。

BEC期間中に三浦さんから指導を頂いた際に

「上手く行っていないときほどアウトプットするべき」

という言葉があったんですね。

メルマガや情報発信はどうしても良いことを言いたくなるけど、
ダメな時ほど自分の想いを言語化することだ、と。

それが今日のメルマガですごく腑に落ちたし、
等身大の発信を続けていこうと改めて感じました。

情報発信というと読者様にファンになってもらう必要があるとか、
そうやって考えていくと、
ちょっと格好つけたくなるときがあったりするんですね。

というか、メルマガをスタートしたときって、
どうやったら憧れられるか?みたいなことばかり考えていた気がします。

大事なんですけどね・・・方向が違うというか。

表層的な部分をいくら取り繕っても知れています。

しかも自分も稼げなかったときがあって
挫折も経験しながらの今なわけだから、
そこも丁寧にお伝えしていく必要がありますよね。

繰り返しになりますが
発信者って上手くいった話ばかりしたがるけど、
そこは大して待たれていなかったりしますので。

でも、今日の三浦孝偉さんのメルマガは

「人は忘れる生き物」

というタイトルで、
これって本当にその通りだと思うんです。

あんなに悔しかったことも嬉しかったことも
時間と共に風化してしまうことは頻繁にありますし、
翌日になったらコロっと頭から抜けていることすらあります。

だからこそ、その時々の想いは残しておく必要がある。

辛かったときを忘れて、ちょっと上手く行っているからと言って
「余裕で稼ぎました~」なんていう発信はしたくないです。

情報発信をしていく上で大切なことを、
2通のメルマガによって学ぶことができた1日でした。

おし、、頑張るぞい!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする